例会のまとめ 2006/4/6-8
TOP l 作品紹介 l 辻萬長、剣幸 インタビュー l 交流会 l 観光案内 l 例会運営




●釧路ラーメン日本一!
●小嶋さんの仲良しの俳優が「俺は、まるひらのラーメンが日本一だ!と思う」の言葉に、1日目のランチは「まるひら」に決定!男性陣はお腹を空かして来店!●小嶋さん&朴ちゃんは「塩ラーメン大盛り!」
●注文して5分。澄んだ透明スープに、麺がたっぷり♪
●大鷹さんと私は普通盛り。「最後までスープが冷めず、飽きのこないラーメンは初めてだ」と大鷹さん。さらに、チャーシュー、しなちくの批評もあり、さすが役者。表現が豊かだなあと感心。
●みんな携帯で写真を撮っています(笑) ●残してしまった私のラーメンを見て「もったいない〜!僕が大盛りでなかったら食べたのに〜」朴ちゃん。「残しちゃダメです!」小嶋さん。

●六花亭でスイーツ
●「いや〜満足。お腹いっぱいだあ」と談笑しながら走りだし、私が「甘いもの行きます?」と誘うと、「甘いものなら行く〜」と即答の大鷹さん。見た目と違って甘党なんですね(笑) 
●大鷹さん&小嶋さんが「帯広の森ストロベリー」 朴さんが「帯広の森」。「何で帯広なの?」と素朴な質問をする小嶋さん。本社は帯広なんです、残念ながら。
●「お誕生日の人はケーキとコーヒーと歌のプレゼントがあるんですよ」と私が話すと、顔をくしゃくしゃにして「え〜誰が歌うの?歌はいらないなあ〜恥ずかしいよ」と大うけしていました。やっぱりおかしな大鷹さんです(笑)本当は歌ってほしかったんじゃないだろうか・・・


●劇団との顔合わせ(4/7-8)
●1日目、2日目とも劇団との顔合わせが実現しました。みたい会は、当日運営に30名以上集まるので、俳優さんたちも「すごーい、いっぱい下りて来た〜」
●「みたい会の運営サークルが中心になって、入会74名、退会69名の1669名、前例会より5名多い会員で迎えることができました。今日は宜しくお願いします」●私達の取り組みを俳優の皆さんも喜んでくれるのが嬉しいです。
●拍手をする神野さん、萬長さん(^^)こんな風に素顔を見せてくれると、運営サークルも「一緒に創っているんだ」と実感します。

●制作のお話(4/7-8)
●5時半、こまつ座制作の谷口さんが、運営サークルにご挨拶と、井上ひさしがどうして「兄おとうと」を書いたのか、ジョークを交えながらお話してくれました。


●萬長さん、剣さん
インタビュー(4/8)
●萬長さん、剣幸さんのインタビューは30分。主に作品についての質問が多かったかな(^^)
●終始笑顔の萬長さん&剣さん(^^) 夫をたてる妻のようで、まるで夫婦♪井上さんは遅筆で有名なので、作品ができる前に「よし!井上作品にでたい」という俳優が集まるから、1枚台本が来ただけでも「やった」って気分になるそうです(笑)


●旭川市公会堂の存続と改修を求める署名運動
●北海道ブロックの仲間、旭川市民劇場が使用している例会会場・旭川市公会堂が存続の危機に立たされています。地域文化の発展の為に、心豊かに生きるために、全国演劇鑑賞団体では署名協力をしています。釧路は、例会2日間で200名分が集まりました。


●搬出
●明るくなると、このような舞台セットでした。回り舞台なので、セットも大掛かり!でも、1時間半で終了。舞台監督さんも「こんなに早く終われるとは思わなかった」

お出迎え
 ●プロペラ機は乗りたくないなあ〜でも、気温は思ったより暖かいね
●音符が並ぶ横断幕&「逢いたかった(劇中歌)」の言葉に大鷹さんも感心♪高校生運営委員、運営サークル総勢16名でお出迎え


観光案内・和商市場  ●勝手丼のために昼抜きで釧路入り♪(全員)
●先輩の萬長さんが、買い方を伝授(?)今日の市場は空いていたので、皆にひっぱりだこ。 ●大鷹さんは幻の魚!「鮭児(けいじ)」の切り身を乗せた!1品豪華主義だ! ●萬長さんの勝手丼は何て芸術的なんでしょう。2回目ともなるとネタも通好み?

●「釧路は3回目だからね」先輩の貫禄を漂わせる萬長さん♪朴ちゃんは2杯目突入です。夕飯が入らなかったとか(笑) ●小嶋さんは旅に出ると、グルメ熱に拍車がかかり、食事代が凄くかかるんですって ●完食したよーん♪小嶋さんは、どんな時もサービス精神たっぷりで感謝です。

●神野さんの勝手丼は、小さなご飯にいくら、さば、うに、まぐろ、かにがドッサリ乗っていてステキ。 ●高校生運営委員のりよ、みつこと一緒に。美人なうえに天然キャラ。高校生も「神野さんのような女性になりたい」 ●唯一きちんと撮影した制作の谷口さん。「写真は魂が抜かれるって」(笑)

●剣幸さんは、アスパラガスを持って店主とパチリ。お土産をたくさん買って宅急便で送ります。「あとはかにを飼おうかどうか迷ってるの」

「兄おとうと」の皆さんは「かに」が好きな人が多いので、交流会に期待して下さいね♪



観光案内・幣舞橋  ●世界三大夕日を見るぞ〜(小嶋さん)
●「あれが橋像彫刻?誰の作品だった?」大鷹さんの突然の質問に幣舞橋担当のりよはドキドキ。観光ガイド最大のピ〜ンチ! ●すると、ポケットから手作りの「くしろマップ」を取り出し、説明を始める萬長さん。「あれが夏ですね」小嶋さんも指を指しながら確認。ガンバレ、高校生!

●2年前の「父と暮せば」は6月だったけれど霧が出ていた。そして、4月の釧路は若干雪が残っています。
「紙屋町さくらホテル」は来年2月だよなあ〜。一番寒い季節だよね。もし、峠を越えられなかったら4日間空き日でいいかも(笑)」「釧路で遊ぶぞ♪」ユーモアたっぷりの萬長さん。

●夏の像の前で、朴ちゃん&神野さんの2人は手を上げて同じポーズ♪みんなノリがいいなあ。もう笑いっぱなしでした。



観光案内・港文館 ●石川啄木像はスタッフの誰かさんにソックリ!(萬長さん
●港文館は、まおが担当。「これが百人一首?」大きすぎないかな?と小嶋さん。 ●「啄木は小奴という芸者と、何て言ったらいいか、良い仲になって・・・(笑)」と照れくさそうにまおがガイドすると、小奴を唄った句を見つけた神野さん。「あった!これよ」

●「1度目の新婚旅行で釧路に来たときは、港文j館は来なかったよ(笑)」大鷹さん。神野さんから「石川啄木の歌は何を覚えてる?」と質問される高校生。 ●萬長さんの提案で、1階で珈琲を飲むことに。カウンターに座る姿が決まってます。「丸井今井がなくなるんだね」 ●高校生にプリクラノートを見せられ、人の良い朴さん、小嶋さんは1ページ1ページ真剣に見て感想を話していました。

●釧路新聞社を復元した港文館で一休みするのは観光案内では初めて。珈琲15杯なので、出てくるまで談笑タイム。 ●ステキな神野さんと30分以上お話をして、ファンになった斉藤さん、井出さん、斉藤さんの3人は「あさっての交流会で替え歌を披露します」とお約束。



●2年前の「父と暮せば」とは若干違う内容で観光案内をしました。出演者の皆さんは、「高校生がこんな風に演劇に関わっていて、町の案内までしてくれる団体はないので楽しかった!と、予定時間をオーバーして交流しました。
●解散後は、「ベスト電器で髭剃りを修理に行くから、またね〜」と北大通に消えた萬長さん。ゲーム機を買いに出かけた剣さんでした。


交流会  ●ユモレスクの替え歌まで飛び出した!
●高校生招待&運営活動や、観光案内など、こんな活動をしているのは釧路だけだよ。パワーがあるね。 ●食べ散らかしているのは誰だ〜?はい!小嶋さんのタラバガニです♪あまりに大きくて、大食の小嶋さんも食べ切れなかった〜(>_<) ●「見て!この爪!僕の拳と同じ大きさだよ!」釧路の思い出は、タラバガニに決定かな?

●朴ちゃん&本間ちゃん。なんか姉弟に見えません?あっ、眼鏡だからかなあ(笑) ●小中高とバレー部で活躍した宮地さん。だから1人5役を飛び道具のように演じられるのかな? ●見た目が怖い(笑)大鷹さんの隣は福地君。ある意味、2人は似ているかもしれません・・・(^▽^)

●井出さんがこっそり作った劇中歌「へそくりソング(ユモレスク)」の替え歌。いつ披露するのかなって思っていたら、萬長さんの「聴きたいぞ〜」のリクエストに始まった!恥ずかしながら合唱する運営サークル。朴ちゃんの手拍子伴奏もあって、気持ちよ〜く唄いました。 ●「さあ!宴もたけなわですが、ここでお開きに・・・」と言いかけた時、神野三鈴さんが登場〜!「わ〜間に合った〜♪よかった!」皆も三鈴さんが来て、さらに元気が出ちゃった感じです(^ー^)なんと、0時まで盛り上がったんですよ〜(^^)/

●昨日は10年ぶりにお酒を飲まなかった宮地さん。でも、今日は元気です〜す(^^)/ ●釧路出身で「燐光群」という劇団で活躍しているんですよ。神野さんとは「上演されなかった三姉妹」で共演してから仲良しです。(私も見ました〜) ●神野さんと井出ちゃんの2ショット。肩まで組んでもらって井出ちゃん、幸せいっぱいの表情です。

●萬長さんが両手カニピース!朴ちゃん、大鷹さん、神野さん、宮地さんも、弾けちゃって最高の笑顔です!●萬長さんは、翌日「昨日のカニは旨かった!お陰で朝食が食べられなかったよ」ですって♪




▲HOME