くしろ演劇みたい会 第46回例会
2008年9月19日(金)20日(土)
18:30〜20:30(休憩無し)
生涯学習センター

■ バックステージ見学
●ドライビングミスデイジーの舞台は、右手に車、左手に室内というセット
●特別に高校生が運転をさせてもらいました(^^) 仲代さんの動きを思い出しながら?
●「暗転の時でも見えるのはなぜ?」という質問に、「ばみる(テープを張って目印を付ける)」
●演劇部のまいまい、ゆりはプロの舞台監督に聞くことが出来て大満足

■ 高校生運営活動も大成功
●(上)1日目は高校生が花束贈呈。●(中)招待で観た高校生たちに感想を聞くと「すっごく面白かった!仲代さんのコケティッシュな動き、どんどんトシを取っていくにつれ歩き方、話し方が全然違う。、間の取り方。こんな凄い舞台を見られて幸せ!」大好評でした●(下)受付開始!高校生運営活動の2ヶ月間の準備期間があるからこそ笑顔がこぼれます

■ 高校生運営活動 2日目
●(上)まいまい、ゆり、まきこ、すー、あーちゃん●(中)高校生集合場所で待つ2人。2日目はたくさん集まってくれて本当に嬉しそう!最後はメール作戦決行●(下)奈良岡朋子さんにイインタビューをして、とっても緊張した表情で楽屋を出てきたまいまい&ゆり。その直後、ご飯を買いに出かけた2人は、「奈良岡パワーが降りてきた」とはしゃいで帰ってきました。なんと、スピードクジをひき念願だったぬいぐるみが当たったとか(1等)。奈良岡さんのことは一生忘れられないね。
■お出迎え ★ 劇団民藝+無名塾
ホテル前玄関で運営サークルが今か今かと待ち構えていました。空港からのバスが到着すると、満開の笑顔。腕を組んだデイジーとホークのむつまじい姿が印象的でした(^^)。
仲代達也さん
奈良岡朋子さん
長森雅人さん
千葉茂則さん
丹野郁弓さん

■ 運営サークルは「丹野さん、お帰りなさい!」
仲代さん、奈良岡さんがホテルにチェックインした後、「丹野さ〜ん、お久しぶりです!」「会いたかった〜」と最後まで丹野さんを離さなかった運営サークル。

7/27以来、2ヶ月ぶりの対面に感激もひとしおです。
■10周年ポスター&運営活動展
歌わせたい男たちが第1弾。「ドライビング」が第2弾。芸術の秋にふさわしく、文化の香りただようレイアウト&展示で46例会一挙公開。
水島さん、大島さん、宮川さん、鈴木さん、東さん、小石さん、太田さん、宮尾さんの8人が、「私の一番」を選んでくれました。
鈴木さんは「女殺油地獄」。油の中でのたうちまわるあの場面は衝撃的でした。 ●水島さんは10年間見続けた中で「頭痛肩こり樋口一葉」 ●宮川&小石さんは「雪国」。この作品で小石さんは運営サークル活動の喜びを知りました。 ●大島さんは天使のポーズで「おれてん」に決定!

■交流会 長森雅人さん、千葉茂則さん、丹野郁弓さん、金本さん
●最近の交流会のメインは俳優のサイン色紙じゃんけん大会。千葉茂則さん、長森雅人さんから直接受け取るなんて(*^_^*)ぽっ〜。千葉ブーリーも良かったし長森ブーリーも期待大。公演が2日あるっていいですね。 ●丹野さんからは「ドライビングTシャツ」のプレゼント!「食べ物で誘われると断れない」と話す丹野さんは、交流会でも運営サークルと密度の濃い交流をしてくれました。一番盛り上がったのはC-13小林さんかも(笑) ●ラストは写真撮影。「ドライビング〜!」とグーのポーズに大笑い。 夏は岸壁炉ばたも寒くないので、心地よく釧路の漁場風情を楽しむことが出来ます。長森さん曰く「旅の楽しみはその土地で飲む事食べること」
■ 高校生による観光ガイド 初の釧路ラーメン挑戦
●今年の高校生運営委員は、部活動にと忙しく5人揃っての観光ガイドリハーサルは例会直前でした。当日は本人達も緊張していた様子でしたが、長森さん、千葉さんがとても優しいお兄さんだったので、高校生ものびのびと案内させてもらいました ●和商市場から数人が消えた?と思ったら、隣の朝市側「魚一(うおっち)」で発見。くしろマップに載せた魚一「魚醤ラーメン」にチャレンジ。高校生も勝手丼とラーメン派に分かれていい感じです。今日は快晴!北大通を仲良く歩き始めました ●みたい会→ドコモ→肉のタカハシ(今回会員になったんです)→足湯につかりながら二幸のイチゴ大福を食べる→幣舞橋→釧路の夜→港文館コースを2時間で歩いて高校生は元気!金森さんは「おじさん達はへとへとよ〜」(笑)
■奈良岡朋子さんインタビュー

―   役者になろうと思ったきっかけは何ですか

奈良岡 簡単に説明すると女子美術の学校に行っていて絵の勉強をして絵描きになろうと思っていたんです。部活で舞台装置をやりたくて演劇部に入ったら、先輩に役者が足りないから「出なさい」と言われたけど、役者になるつもりはないから、ただ先輩の言われるままで、その時にもらった役が、お母さんでした。

その当時の60年前、テレビなんか無くて映画が流行っていた時代ですから、芝居というのは歌舞伎や新派を戦後22年頃からよく観てましたね。あとは映画を観てました。そのお母さんの役の次が、慶応大学の演劇部と女子部の演劇部で合同公演をやりましょうという事になったんです。フランス作家の〈ジュリアノシュール〉の【海抜320メートル】をやったんです。

男の子と女の子5〜6人が山小屋で遭難して、その男女がちょっとした恋愛模様があったり。女の子はなるべく老け役はやりたくないのよね、それで先輩達は私に押しつけたのよね。でも私は歌舞伎と新派しか観ていなかったので、かいもく見当がつかないんです。それで「参考になる芝居は?」と聞いたら民衆芸術劇場の新劇劇団が【匠と恋】という翻訳劇をやっているから、それを観ると参考になるからと言われて観に行ってきたんです。

滝沢 治とか宇野 重吉、森 雅之が出ていて、良い声で朗々と台詞を喋っているんです。日本人ばなれしたこの人達は何だろうと思ったんです。パンフレットを見ると皆さん知っていて、何時も観ている映画の役者さん達だったの、その二枚目の人たちが映画の中でも活躍していたんです。

後から考えると芝居をやっていた人達が映画に出演していたということですからね。パンフレットの端に民衆芸術劇場養成所募集中とあって、この養成所に入ったら、この人たちの素顔が見れるんじゃないかとミーハーな気持ちで入ったんです。試験を受けに行ったら、その人たちがずら〜と居て、顔ばかり見ていましたね。

実際会うのと想像とは違うとも思って。それで書類審査から通っていくんですが、500人ほど受けに来ていて全部振り落とされていくの。それで私は最後まで残っちゃって「合格しました」と言われたんですが、当然落ちると思って受けたんですが、合格が決まってから初めて、絵描きだった父親に説明をすると「おまえ、絵を描くために専門学校に通って居るんだから芝居なんてとんでもないよ」と言われたんです。

でも兄は文学系だったものですから「映画と違って新劇だったら頭を使う仕事だから、一般的な社会常識も含めて知識は豊富に得られると思う、駄目でもともと。何時辞めても良いし、身に付くものが多いからやらせてみたら」とアドバイスをしてくれたんです。

「じゃあ昭和23年から26年の卒業するまで、学校とそっちと部活のつもりでやるんだったら卒業するまでやりなさい」と父が許してくれたんです。そして26年に卒業免状を持っていって、どっちを取るかという時に「一人で絵を描く仕事よりも、みんなで芝居を作る方が今の私に必要だから」と言ったんです。「じゃあ 私の目の黒いうちは絵を描いてはまかりならん」と言われ、卒業と同時に絵を捨てました。子供の時から描いていた絵の道具も全部父に返して、まあ両方ともやれるような甘い世界ではないと、どっちか一本に絞ってやれと、父のある種の思いやりでしょうね。それで役者になろうと思って入ったわけではないから、いろいろと勉強しました。他の人は新劇の役者になろうと思って命を賭けて入ってきているわけですから。それで演劇のありとあらゆる本を読んで毎日毎日が勉強でしたね。あっという間に60年たっちゃった。

入るきっかけは本当にものの弾みですよ。皆さんよく言うじゃありませんか、自分の人生設計って、いくつになって結婚して子供を産んでと。でも私はあんまりこだわらない方が良いと思います。決めたらそれをやらなくちゃと必死になるじゃないですか。

でもね若い時って思い詰めても、まだまだ幼いんです。何処にどんなチャンスがあるか、道があるか解らないんです。私なんかそうでしょ、ひょんな事から絵描きになるはずが、この世界に入っちゃったんですから。

だからあまり決めた事を絶対やらなければならないとプレッシャーにならなければいいんですけど。それでなくても今の世の中とっても生きにくいでしょ。自分の目の前にきたチャンスをキャッチする、その為にセンスを磨いておかなくちゃね。チャンスを逃しちゃうと一つロスするでしょ、

そして、また1つのチャンスが巡ってくるまで待たなくちゃ駄目だから。だけど「自分が決めたこの道だけは」と思うのも生き方だけど、ひょんな所に曲がり角が有るんだと思っていた方が気が楽になるでしょ。

―   今回のお芝居の中で、奈良岡さんが苦労された所は有りますか?

奈良岡 どんな芝居でも大きな役でも小さな役でも苦労するのは、当たり前なんです。楽しくやっているっていうのは趣味ね。仕事となると責任がありますからね。それをどうやってクリアしていくか、少しずつクリアする事でステップアップしていけるんです。

今回は97才のお婆さんの役なんてやった事がないから、いろいろ工夫しましたけど。役者っていうのは自分以外の人生を役を借りて生きる訳じゃないですか。それが役者の妙技の一つですね。

奈良岡 朋子っていうのは奈良岡 朋子の人生しかないけど『ドライビング ミス・デイジー』の芝居では、ミス・デイジーの人生を借りて出来る。今まで100何十本もの役をやってきていますが、面白がってやっているわけではないですね。

デイジーの役をやって思うのは97才のお婆さんをやって体が衰えてくって、凄く疲れるのね。普段と違って舞台では足腰かがめて、ヨタヨタ歩くのは苦しいの。でも実際そうなっていくわけでしょ。

私も来年80才でお年寄りの一人ですが、お年寄りって大変なんだなと思いますよ。そう思いながら町を歩くお年寄りに、ふっと目がいくんです。どっかで役者の神経が働いて、ああやって歩くんだ、しゃがむんだと見ますね。

他の芝居の時もそうですが、これで良いっていう芝居は無いですから。まだやり足りないな、まだ出来てないなと思い、いつもパーフェクトじゃないんです。そういう思いを引っ張りながら次の芝居にいくわけでしょ。次の芝居で少し消化するんだけれどまた残る、そして次の芝居。

そういう思いで60年間同じ劇団で、ずっとやり続けてきました。私自身が怠け者か、おっくうなのか別な劇団にいくとか、舞台を辞めてテレビだけにいくとか、そんな事を考えもしないで芝居の事だけを考えてやってきたんです。

継続する事は大事、あきらめるのは簡単、そこであきらめないで頑張ると、もう一つの道が見えてくる。どんな事でも続ける。私が今一番感心する事はスポーツの世界ね。メジャーで活躍しているイチローさんなんか、言っている事が素晴らしいね。

「満足感は有るけど、達成感は無い」って言っているの。スポーツの世界は点数が付くけど、役者の世界は、温室です。だって誰も点数つける人がいないんです。観た方の視点で、良いって言う人、つまらんと言う人がそれぞれいて、はっきりしないでしょ。でもスポーツの世界は数字が出ちゃう。

パラリンピックの人たちも見ていると感動するね。そういう事を含めて私達は甘いわ、温室だと思う。狭いテリトリーの中だけでしか生きていけない、そういうのをぶちやぶらないと役者として幅が広がらないし、役者以外の仕事にいっても、人間性を問われるんです。だからIQが良くても学歴が高くても人間性がともなっていかなければ、片手落ちですね。

人間性というのは誰でも日常生活で磨く事が出来ます。今、若い人たちはアニメ好き、漫画ではなく活字に触れた方が良いと思います。その事だけでもどっちが人間性を高められるかなと、四文字熟語を読めない人が多いでしょ。それはあなた達が悪いわけではなく、教育をする人が悪いんですよ。日本のレベルが下がっていきますよね。

―   私は、お芝居を観てカーテンコールって良いなと思いますが、奈良岡さんが舞台に立って良いなと思う事は?

奈良岡 私は、お客さんから一言「良かったです」と言われる事が一番嬉しいです。私達は観て頂くお客さんのためにやっているんです。当たり前ですが十人十色で感想は様々。お客さんがその時観たいものなら良いんですが、例えばたまたま日本の芝居を観たかった方がカタカナの名前が出てきたら名前を覚えるだけでも大変だと思いますからね。

今度違う芝居で来た時「今度の芝居は良かった」と思ってくれれば良いんです。その為に私達はいろんな芝居をやって居るんです。カーテンコールの時も「わ〜!」と言う声で伝わりますから。どっと汗が流れていても流した甲斐がありますから。

今回の芝居では特に仲代さんと二人でやっているのが、新鮮なんでしょうけど。あと芝居によってカーテンコールをやる時と、流れを壊さないようにやらない時があるんです。

    私、久しぶりに北海道に来たんですが、やっぱり良いわぁ。先日、旭川に居た時かしら、地震があって恐かったわ。

―   お芝居をやってきて、辛いと感じた時は?

奈良岡 60年前に先輩達に躾けられた事って、のっけから「新劇をやってたら食えないぞ」と言われました。「一人で出来る仕事じゃないから、アンサンブルが大事」だと徹底的に仕込まれたの。だから大変なのが当たり前。好きで入った仕事じゃないのに、長くやってきているのはやっぱり好きなのよね。

自分の責任でやっているので、大変だと思う事自体が違うのよね。本当に大変だったら辞めちゃうけど私はじょっぱりだから。竹みたいにしなる精神て素敵だと思うの。

今いじめが増えていて、耐えきれない事が多いでしょ。でもはねのけられるバネを持つ事が必要。どんな人生を送っていても、様々な問題がありますよ。

人生って誰かに押されて支えられているんであって、自分の力だけで生きているんだと思っていたら、ゆきずまってくるのよ。だから“おかげさま”という言葉は素敵な言葉なの。

だから喧嘩しても腹が立つけど「腹が立つ」という事を教えてくれて“おかげさま”発想の転換よね。そうしたら相手が下に見えてくるのよ。

周りの人たちとのコンタクトをよくする、友達は大事です。大滝 秀次とは60年前一緒に入った同期なの。500人の内50人が入って、一年足らずで20人になって、10人に減って40年間は大滝と2人だけ。他の人はみんな辞めちゃって。

優秀に入った人が先にこぼれちゃって、私と大滝みたいに補欠のように入った2人が残って。でも人生ってわからないからと、努力をしないで「何とかなるさ」ではなく一生懸命に努力をしていると背中を押してくれるし、前から引っ張ってくれる。

嫌な事がいっぱいあっても、今日一日生きられる事も“おかげさま”じゃないですか、自分一人の力ではない。それとお父さん、お母さんを大事にして下さい。

子供が親を大事に思うか思わないかで親が子供を大事に思えるかコミュニケーションがとれるのよね。親が子供の事を考えても「うるさいな同じ事を何回も、わかっているよ」と言いたくなるけど、言ってくれるって有りがたいんです。そのうち大人になったら誰も言ってくれなくなるのよ。叱ってくれる人がいないと寂しいんだから。

ちやほやお世辞を言う人は増えてくるんだけど、叱られる怒られる事は有りがたい事、だから親孝行すると「子供達は親を大事に思ってくれているんだな」と親は思うんです。
家庭の事情があって難しいでしょうが、その事が大事なのよ。