10周年記念の挨拶

●800席の会場が2日間とも満席です。10周年の節目の年を1700名の仲間で迎えることができました!
●宮古運営委員長が10周年を多くの仲間で迎えることが出来たのは、誰か一人の力ではなく、ここにいる仲間が演劇を楽しみ、感動を共有し、運営に参加して絆や信頼を築いてきたからこそで、これからも演劇を軸にしたまちづくりの活動を広げていこうと挨拶をし、大きな拍手が起こりました。
●今例会は、陰アナではなく、表アナに挑戦しました。


劇団との顔あわせ

●2日間とも、場当たりの前に、運営サークルと俳優の皆さんの顔合わせを行いました。B作さんの「10周年バンザーイ」の音頭に、皆でバンザーイ!


ケータリング

●運営サークル3回目の挑戦です。キレイに食べてくれました。ありがとうございます!
●太巻き●漬物●煮物●食パン●蒸しパン●レモンケーキ●魚型おからクッキー


10周年ポスター展

●みたい会43例会のポスターを展示しました
●第1回例会は、1998年1月・こまつ座「マンザナわが町」200名の会員しかいませんでした。その頃は年間3例会1ステージ。例会をするたびに赤字はかさんでいきました。
●2001年8月・木山事務所「壁の中の妖精」で、4例会2ステージに!。でも、喜んではいられませんでした。会員数はまだ1148名。会場はガラガラでした。「これでは、劇団の皆さんがガッカリするよね。満席で迎えたいよね」思いは強くなりました
●2004年4月、朋友「女たちのジハード」で、年間5例会・2ステージに!一つひとつの例会を最高の状態で迎えるために心をこめて準備をしました。コツコツと、丁寧に活動方針に取り組む会員の力で夢を実現しました。


三平ちゃん久しぶり!

●三平ちゃんは、舞台セットを輸送するプロの運転手。劇団民藝の故宇野重吉さんにかわいがられました。その三平ちゃんが、みたい会に顔を出してくれました。
●制作の石井さん、三平ちゃんを釧路の炉ばたにご案内。タチの天ぷら、ホヤの刺身、クジラの刺身、牡蠣の味噌焼きなど、私も普段食べないものばかりいただきました。「釧路は天気が良くてよかった!岩見沢は吹雪だった」と語る三平ちゃん。
 2008年2月26日(火)27日(水)18:30〜20:30(休憩無し)生涯学習センター

交流会・・・
キャスト全員参加で10周年を祝う

●みたい会設立10周年の記念例会「エキストラ」1日目終了後、東京ヴォードヴィルショーの出演者全員が運営サークルとの交流会に参加してくれました。2008年の年頭例会を前例会クリアで迎えるために燃えた運営サークルと、その熱意と努力に応えて最高の舞台を見せてくれた東京ヴォードヴィルショーの皆さん。舞台をおりれば、役者も観客も関係なく酒を酌み交わす。みたい会ならではの光景ですね(^^)

●過去最高80名の大交流会
←大森ヒロシさん、羽賀蓉子さん→綾田俊樹さんは東京乾電池
←佐藤B作さん、市瀬理都子さん
→佐渡稔さんと会員の久保さんは似ている?

←石井洋祐さん、瀬戸陽一郎さん
たかはし等さん、あめくみちこさん

←志賀圭二郎さん
→タンチョウのコスチュームが似合うまいど豊さん、山本ふじこさん

←釧路出身の垣内裕一さん
→たかお鷹さんは今年もう1回来ます

←30歳になったばかりの奈良崎まどかさん
→村田一晃さん、中田浄さん

←素顔もかわいい玉垣光彦さん
→じいさん役の市川勇さん、京極圭さん

●お芝居の感想を豊かに語る

●宴もたけなわになってきたところで、運営サークルから、1日目に観た感想を紹介。B-21本田さんは、たかお鷹さんの演技が、先生そのものだったと感嘆(本田さんも先生で〜す)●エキストラで「必ず1名増やす」と決意をし、2日間で20人に電話をかけたC-4さじきの会の吉田さん。努力が実を結び1名入会!私にとって、入会以来最高の例会です!と熱く語っている隣で、山本ふじこさんはクックック・・・と笑いをこらえる(爆笑)
●B-21本田さんは初の運営参加でブレイクしました!

●C-4さじきの会・吉田さんは「今日は“世良まさこ”はやりません」と微妙な前ふりをして「本当は役者になりたかった」と告白!

大ジャンケン大会

●クライマックスは、サイン色紙争奪大ジャンケン大会!
テーブルごとに立って役者とジャンケンポン!。

●G-8八重垣・原田さんは「色紙が欲しいなあ」とつぶやいていたら、本当にGET!佐渡さんとの2ショットにメロメロ。

●あめくみちこさんもひっくり返るぐらい笑い転げていました♪ジャンケンは性格が表れて面白いっす♪

佐藤B作さんは釧路好き

●佐藤B作さん率いる東京ヴォードヴィルショーも、35年の歴史を誇ります。みたい会よりも3倍も長い。B作さんは、釧路の会員の熱気やパワーの源はどこから来るのか、毎回来るたびに感動すると話してくれました。そして、全国的に会員の高齢化が進んでいる中で、20代の若者が会員になっていることも喜んでいます。「今日が千秋楽の打ち上げだったら良かったのにな〜」



●会員証を作りに来る日 ●入り口で呼びかけます ●物販は約40冊販売・・・
●会員証を開いて
並んでください
●会員証忘れが2日間で
40名もいました。
●感動BOX「あなたの直筆メッセージを劇団に送ります」
●搬出は巻き巻き


 涙のお見送り