Gingerbread Lady
くしろ演劇みたい会 第16回例会  2002/6/14-15
高校生インタビュー     バックステージ見学
    高校生運営活動
作品紹介     高校生のまとめ 


池畑慎之介さん&芳本美代子さん  高校生インタビュー
 
 2002・6・15  高校生運営委員の阿部さんと山本さんが、池畑慎之介さんと芳本美代子さんにインタビューをすることが決まってから、この日を心待ちにしていた2人。
でも、インタビューの時間が近づくにつれ、緊張モードが高まり、池畑さんと芳本さんが登場した途端、頭が真っ白に!(^。^)
そんな高校生達の様子を察して、お2人は気さくに話し掛け、笑いながら答えてくださいました。それでは、どうぞ!

○高校生:自分の想像していた劇と違い驚きました。

◆池畑:話自体は、暗い話なんだけど、エンターテイメントなんだから楽しまないとね。
 重たいテーマを重くやったら、お客さんも私達も立ち上がれないじゃない。

いかに明るくやって、後々考えて“そういうことだったんだね”って思えるような、そういう作り方を私は何十年もしてきているの。

ギャグをとばしながら明るい親子関係を演じているけど、エヴィの一生の半分以上は暗い人生だったんだよね。
今の日本に置き換えても、親子関係は結構希薄でしらけているでしょ。

このお話みたいに、娘がこんなに親のことを思い、親はこんなに娘の事を愛しているという関係って日本にないじゃない。かまいすぎて、うるさいくらいの感じがするけど、逆に関わらないと人間らしくない。関わってるわずらわしさもあれば、関わっている素敵さみたいなものもある。

●芳本:年は、同じぐらいですよね?

◆池畑:同じ?17歳?

○高校生:15歳です。

●芳本:高校一年生なんだ。どうでしたか?

○高校生:内容はだいたいわかっていたつもりでしたが、ポリーの明るさがとてもよかったです。

◆池畑:17歳じゃないんだよ。19歳なんだよ。(笑)

●芳本:実際の年齢だと、もうちょっと大人っぽいかなって思ったりするんですが。

◆池畑:もう少し少年みたいな子なんだよ。ダンガリー着て、ジーパンはいて。
本当のことを言うと、アメリカの17歳ってもっと大人だけど、これは70年代前半だから。

ところで、君たちは演劇部じゃないんだね。じゃあ、こういう演劇を見たのは初めて?

○高校生:はい、初めてです。

◆池畑:テレビで見るのと違うでしょ。

○高校生:はい!全然違うので、圧倒されてしまいました。

◆池畑:生だからね。ブラウン管じゃなくて、肉体が動いていて、実際に声が聞こえてきて。

◆池畑:昨日は、どれくらい高校生が来ていたの?

○高校生:約40人です。今日は60人くらいなので、合計で100人です。

●芳本:どんな感じでしたか?

○高校生:昨日観た学生の多くは、「家族って大切なんだね」と話していました。

今回は、私達6名の高校生運営委員が招待活動を行いましたが、NHKTVや新聞でも取り上げられ、市内だけでなく、市外からも多数観に来ていました。

◆池畑:ところで、釧路では、どういったものが高校生の間で流行っているの?
釧路の高校生の流行りものは何か聞かせて。

○高校生:みんなで“変な顔”をして写すプリクラが流行っています。

◆池畑:変な顔して?人のひどい顔を見て「すご〜い」とか?(笑)

○高校生:先月の東京公演(博品館劇場)は、大変好評だったということをインターネットなどで見て、楽しみにしていました。今回は3度目の再演ということですが、初演から変わってきているのでしょうか?

◆池畑:いや、全然変わってないですよ。ギャグっぽくアドリブの様に見えるかもしれないけど、全部稽古しているの。途中でギャグを言うのは好きじゃないから全く変えてないですよ。
例えば、そこにソファがあったと勘違いして倒れる場面も、全部稽古で作っている。

○高校生:それでは、ほとんど“アドリブ”じゃないんですね?

◆池畑:私は、アドリブをして崩れちゃうのが好きじゃないんですよ。

●芳本:というか、意外とやれるところがないですよね。
台詞の流れもよく書かれているので、それをやってしまうと、延々にという感じに(笑)。

◆池畑:小細工すればするほど、ダメになってしまうタイプの芝居なの。

○高校生:これで、女役は3作目とお聞きしていますが。

◆池畑:そんなことないですよ(笑)。
勝手にみんなが“洋もの女役シリーズ”って言ってるだけで、「グッバイチャーリー」だって男役ですよ。男が神様に女にされちゃうって役ですから。 歌舞伎とか見たことある?

○高校生:いえ、見たことはないです。

◆池畑:ないでしょう?こういう現代劇で女役を演じるのは珍しいから大切にしているの。
芝居の最後の方は、だんだんお母さんに見えてきたでしょう?

○高校生:はい。見えてきました(笑)。

○高校生:池畑さんのエヴィはもちろんのこと、芳本さんのポリーも、とてもかわいらしかったと評判ですが。

●芳本:私は、今回初めて入ったので。

◆池畑:彼女とは、凄いやりやすい。全然親子が破綻してないんですよ。

ちょっと似ているところがあって、性格とか色々な感じが似た者同じで、普段から本当の親子っぽいんですよね。これで舞台共演は3本目か4本目ぐらいなんですけど、こんなにかぶってるのは初めてなの。
来年も4演目があるので楽しみだね。

○高校生:他の会場でも、高校生は多く観に来ているのですか?

◆池畑:親子で来る人が多いですよ。博品館の時もそうだったんだけど、あなたとお母さん位の親子がボロボロに泣いてね。やっぱり親子関係が辛いのかな。

“もっとお母さんを大事にしよう”とか、“娘のことをもっとちゃんと見てやろう”とか、そういうことを考えさせられる位のお芝居なんですよ。

いつもは知らん振りという親子だったのに、“もうちょっとママのこと見てみようかなぁ”とか、“ママも悩んでることあるんじゃないのかなぁ”とか“娘のことを、もっとちゃんと見よう”とかそういう風にみんな思ってくれる。

○高校生:それと、最後のセリフに驚きました。

◆池畑:「大人になったらあんたみたいになりたい」

○高校生:はい。あの台詞を、池畑さんが言うとは思いませんでした。それがやっぱり最後に胸にきました。

◆池畑:43歳になっても、まだ子供みたいに一人前になってない人もいれば、17歳でも、大人みたになっている逆転だよね。
だらしないお父さんとしっかりした娘とか、世の中にもあると思うんだよね。

●芳本:結構男の人も、見て泣いてたりする方が多いんですよ。

◆池畑:この会場よりも、東京ではもっと近いところでやってるの。

●芳本:博品館では、泣いてる涙とか鼻水とかが丸見えなんですよ。(笑)

◆池畑:そうすると、伝わり方が違うからね。みんながボロボロ泣くから。

●芳本:客席がすすり泣く。

◆池畑:釧路でも、期待してくれているよね。今日、たまたま2人でご飯食べに入ったところで、「今日行きます」って声を掛けられた。

●芳本:「お友達と行きます!」って。

○高校生:最後に・・・。「ジンジャーブレット・レディ」を見たことがありますか?

◆池畑:あるよ(笑) あのね、作ってくれた人がいて、人形の形をした生姜が入ったクッキーだよね。それを、クリスマスツリーに付けるの。ジンジャーが入っているからちょっと長持ちするんですよね。

だけど、ポリーはそれをボロボロになるまで思い出にとっておいたんだよね。本当は、ツリーにつけたあとは食べられるのに。

●芳本:あとはハーブになったり。

○高校生:みたい会の会員さんの中にも一人作った人がいました。

●芳本:あれ(釧路MAP)に載ってたね。(笑) 
    ※「釧路MAP」とは、会員と高校生が共同で作成したMAPのこと

○高校生:私たちも作ろうと思ったのですが、結構難しいみたいです。

◆池畑:そうそう、あれは固まりずらいみたいだし、崩れやすいの。
ジンジャーブレット・レディ」ってくずれやすいクッキーなの。人間と同じ。

人間もすごく壊れやすいじゃない。「ジンジャーブレット・レディ」って、そういうものも含めた題名なの。

▲ HOME