面白れぇじゃねえか、いのち棒にふるのも。   原作:山本周五郎「深川安楽亭」より 
 















30




50
11

19

(金)

20

(土)

























27









 
あらすじ キャスト
スタッフ
北海道公演
スケジュール
仲代達矢さん
インタビュー
無名塾 北海道公演
によせて
運営
サークル活動
例会の
まとめ
 



あらすじ


 江戸・深川のはずれ、主人幾造(仲代達矢)と娘おみつ(桂木ゆき、篠山美咲・Wキャスト)がいとなむ飯屋、安楽亭。

そこにたむろする、知らずの定七(長森雅人)、仏の与兵衛(平井真軌)、巾着切りの由之助(松崎謙ニ)など、無頼の若者たち。

実は、彼ら、ご禁制の抜け荷の荷卸しをしている・・・。
そこへふらっと飲みに来るようになった謎の男(山本圭)。
次の荷卸の話を持ってくる灘屋の囲い女お京(西山知佐)。

そして、無銭飲食で袋だたきにあっていた質屋の奉公人・富次郎(赤羽秀之)が担ぎこまれる。

幼馴染のおきわ(渡部晶子)が女郎に売られたのを助けようとして、そういう目にあったという。

「でも、いのちぼうにふってでも、私が行ってやらなけりゃ、おきわがかわいそうです」

馬鹿にしていた若者たちも富次郎のひたむきさに打たれ
「このへなちょこに命をくれてやってもいいぜ」。
与兵衛、定七、幾造の心にも炎がともり、密貿易を引き受ける。

彼らは、見も知らぬおきわを請け出す金を稼ごうと、八丁堀同心(野崎海太朗)たちが網を張る荷卸しに、危険と知りつつ飛び込んでいく・・・。





スタッフ
山本周五郎 効果 八幡泰彦
劇作 隆 巴 擬闘 森岡隆見
演出 林 清人 衣装 竹林正人
装置 恒内紀男 かつら 坂本静春
音楽 池辺晋一郎 舞台監督 石井恒樹
照明 遠藤正義

キャスト

仲代達矢
幾造
山本 圭
名のない男
野崎海太朗
同心 岡島
友居達彦
同心 
金子
西山知佐
お京
長森雅人
定七
松崎謙ニ
由之助
赤羽秀之
富次郎
中山 研
文太
平井真軌
与兵衛
川村 進
源三
滝藤賢一
仙吉
村上新悟
勝兵衛
須賀 力
灘屋・文七
銀次
渡部晶子
おきわ
篠山美咲
おみつ
桂木ゆき
おみつ
佐賀龍彦
喜三郎
中野 智
岩蔵
栗子倫典
捕手方
宮内 洋
お京の手下
小八
芦澤 恒
捕手方
大川原直太
お京の手下
次郎太
鎌倉太朗
政次
粕渕 公
捕手方




北海道公演によせて

■“無償の愛”
こんな行為が現代に通用するのか?私共無名塾は、芝居“いのち棒に振ろう”で敢えて挑みます。(仲代達矢)

■山本 圭
■「深川安楽亭」(新潮文庫\590)小説帯に、全国公演スケジュールが記載されています!


出演者からのメッセージ
最近ニュースを見ていると、物騒な事件が多発している様な気がします。しかも、低年齢の殺人事件・・。心が痛む限りです。そんな中、「いのちぼうにふろう物語」は、人の為に命を落とすというお話です。こんな人の生き方もあるのかと・・・。人が人の為に生きること、なかなかできる事ではないですが素晴らしい事ですよね。長森雅人
97年に上演されたこの芝居は、私の大好きな芝居の1つです。故・宮崎恭子が書き下ろしたこお作品を観終わった後、皆様の心に何かが残りますよう、心を込めて演じさせていただきます。 赤羽秀之
過去と未来、生と死、善と悪、真と偽、大人と子供、そして男と女。
その境界に立つ安楽亭の人間達は皆さんの心にどのように響くのでしょうか。 松崎謙ニ
今日からいよいよ立ち稽古。。。初日まであと1ヵ月半。
少しでも素敵な舞台になるよう、皆で頑張っています。皆さんにお会いできる日を楽しみにしています。
人として生きるに大切な心というものを、しみじみ感じさせてくれる、この素晴らしい物語が、お客さんの胸に深く残る舞台になるよう、スタッフ、キャスト、力をあわせていけたらという思いで一杯です。私にはかけがえのない隆巴さんの香り漂うこの作品を抱きしめる思いで精一杯やってみます。 西山知佐
かれこれ15年ぶりの塾の舞台になります。きっと初日は、いや今回の舞台全てが緊張の連続であり、「マンドラゴラ毒の華」で損人として舞台に立った時のことを思い出すでしょう。塾の後輩とともに全力投球で舞台を務めたいと思います。最後に、役をつけてくださった仲代さんに感謝致します。 友居達彦
鑑賞会の皆様、本当にご苦労様です。ありがとうございます。でも報いることができると思います。いい作品です。人と人の間にある空気、言葉、美しいコトが沢山あります。それを表現できる様、みなで頑張って稽古に取り組んでいます。味わって欲しいです。自分自身も何度も本を読み返しその都度発見があります。人間の深さに驚いています。 川村進
演劇鑑賞会の皆様へ
命を懸けるということ、何かを信じること
そういう瞬間を一緒に感じていただけたらと思っています。 渡部晶子
演劇鑑賞会の皆様、こんにちは。今回おみつの役をやらせていただきます。実は7年前の初演「いのち」は、当時はまだ芝居をしたこともなく、将来役者を目指すようになると思っていませんでした。それが、今年この作品に参加できるようになるとは!皆様に喜んでいただけるよう精一杯頑張りますので、どうぞよろしくお願いします! 篠山美咲
 
仲代達矢 プロフィール
■1932年12月13日
  72歳
■B型
■東京出身
■身長 178cm
■1975年無名塾
主宰

本名・仲代元久。昭和27年、俳優座養成所に4期生で入所。
30年、舞台「幽霊」で注目を集め、31年の「火の鳥」で映画デビュー。
「黒い河」「人間の条件」など数々の映画に出演しスターの座を不動のものにした。
宮崎恭子さんと32年に結婚。昭和50年、俳優を養成する「無名塾」を設立した。
主な舞台は「リチャード三世」「マクベス」「どん底」など。
最近は、「世界の中心で愛をさけぶ(TBS)」など、人気TVドラマにも出演。
無名塾卒業生は役所広司、若村麻由美、渡辺梓など多数。



「いのちぼうにふろう」は、他者への崇高な自己犠牲にほかならない。無償の行為を経てこそ、人間は輝く

ならず者と言われる若者たちが、一組の男女の恋を成就させるために、命を張る。
そのプロセスが面白いし、こお芝居の難しさでもある。

世間にも通用しない獣みたいなやつらが、無償の行為に、人間として目覚めていくのが、へそでしょうね。

不毛の時代と言われている現代。自分中心に生きて、他の者は関わらないという若者達が増えているんじゃないでしょうか。

この芝居が若者に共感を呼ぶことができるか、興味がある。

基本は「人情劇」。面白く観て、最後に泣いていただきたい。(仲代達矢)

【1997年 北陸中日新聞より】




「いのちぼうにふろう物語」

「地獄の掟」
仲代達矢、役所広司、山本圭
1971年、小林正樹監督により映画化

1982年、「地獄の掟」のタイトルでTVドラマ化

宮崎恭子追悼
上記2本の脚本を担当した宮崎恭子さんにとって、舞台化は長年の夢でした。
それが実現したのが1997年の能登演劇堂「第1回ロングラン公演」。しかし、宮崎さんはこの公演初日を観ることなく、1996年ガンで他界しました。

宮崎さんは、周五郎作品が好きで、中でも特に「深川安楽亭」がお気に入り。宮崎さんは生前、「周五郎作品はシナリオ化するのが難しいので挑戦的な仕事ができてやりがいがあるの。しかし、なんと言っても登場人物が生き生きしているのがすてきなの」と語っていました。

この作品は、宮崎さん最後の脚本による追悼公演です。

※人口約8000人の石川県・中島町の能登演劇堂で、無名塾「いのちぼうにふろう物語」 1ヶ月のロングラン公演で2万人の観客を動員しました。

北海道公演スケジュール
11/6、7 函館
11/8 苫小牧
11/9 岩見沢
11/10 江別
11/12、13 札幌
11/14 滝川
11/15,16 旭川
11/19,20 くしろ

●いのちぼうにふろう物語は
10/23〜25 能登演劇堂
10/26〜11/2 首都圏、神奈川ブロック
11/6〜20 北海道ブロック
その後も、神奈川、東京、九州、仙台、千葉など、3/25まで全147ステージの公演が予定されています!




無名塾
1975年3月頃、仲代家の庭の稽古場に若者たちが集まりレッスンが始まる。自然発生的なスタートであった。しばらくして、名もない塾だから無名塾と命名。

劇団、出演者関連HP
無名塾公式サイト
松崎謙ニファンサイト
仲代達矢公式サイト
無名塾ファンサイト
ブラボーカンパニー
鎌倉太朗さん


▲HOME