●第13回例会「壁の中の妖精」REPORT 

 初の2ステージ!舞台裏に密着  高校生無料招待〜感想文〜


The Interview with ”hitomi harukaze”  

   壁の中の妖精


8月30日、今回の「壁の中の妖精」ツァーが、釧路初日で幕が上がりました。そして、公演2日目の31日、本番前の貴重な時間、春風ひとみさんが、くしろの会員からのインタヴューに答えてくださいました。
鈴木
昨日観せていただいたのですが、本当に感動いたしまして、知らないうちに涙が出て、ひょいと横を見たら泣いてぐちゃぐちゃになっているんですよね、もう70過ぎた母なんですけど、感動していました。昨日は、本当にあの(公演の)2時間は皆さんもそうだと思ってらっしゃるでしょうが、「得をした時間」でした。本当にありがとうございました。今日は、インタビューということで、高校生の方2人と、私たち会員が2人、全部で4名のインタビュアで宜しくお願い致します。
まず、会員の鈴木さん(右上写真 前列右)、山崎さん(後列右)、高校生の中川さん(後列左)、高野さん(前列左)が自己紹介(高校生の2人は同じ高校の演劇部で活動している3年生)した後、早速始まる
鈴木
本当は、「くしろ演劇みたい会」は会員制なのですが、昨年から(若い方にお芝居を観る楽しさを伝えたいということで)高校生の方をご招待、という企画を始めました。昨年は東京ヴォードヴィルショーの「竜馬の妻とその夫と愛人」に高校生招待をいたしました。そして、今年は春風さんの「壁の中の妖精」に招待しました。まず、高校生の方から始めさせていただきます。
中川
私たちも演劇をやっているときに、役者として役を捉えることが難しくて、いつも他の人とかにダメ出しをされたりするのですが、春風さんは、今回20数役をお一人で演じられた訳なのですが、役を捉えるときにどういう工夫をしていますか。         
春風
難しい質問ですね(笑)。多分、そういうことにどうやっていったらいいんだろうと、迷いながら、ここまできたのだと思うし、生涯役者をやっていくのなら、答えは出ないのがいいんじゃないのかなと逆に思って。

こういう風にやったら役が捉えられるという結果が出てしまったら、演劇自体廃っていってしまうと思うし、それがわからないから、人間のやるものとして、一番アナログ的で一番原始的で、だから最も人間を感動させるものだと思うので。

それを探求する心、精神とかはいつも持っていたいと思っているのだけれど、どこかで結果として結論がが出てしまうまでの探求は怖いというのが自分の中にあると思うし。

私も学生時代は演劇部にいたので、すごくそういう質問もわかるといえばわかるし、でも、二人よりちょっと演劇部の時代を昔にやって、今プロとして私が言えるのは探求心だけでいいのではないかと。

だからこの役はこういう人、というのはないのではないかと思うのね。私が悲しいと思って捉えたものを他の人は笑ってと捉えるかも知れないし―私がものすごく悲劇的なものを感じたものを悲劇的に感じない人もいるかも知れないじゃない?それか、ばらばら(に感じるの)だと思うし、「この役はこう」と結論が出たときが一番つまんなくなっちゃう時だと思うので、だから「どうなんだろう、どうなんだろう」と、こういう角度からの捉え方もあるのかな、ここでは、台本的には怒って書かれてあるけれど、もしかして笑っているのではないのかな、いかにも泣き台詞のように書かれてあるけれど、泣いてないんじゃないのかな、とかと天邪鬼的な逆の考え方で自分でやってみる。

自分が納得いって、人間の生理的なもので気持ちが嘘偽りのないところが一番正解に近い、でも正解はない。ちょっとわかりにくいと思うのだけれど、そうなんじゃないかと思うんじゃないかなと思う。だから探求心だけは失わない。

自分でもいつも思うのだけれど、結果を出すまで追い詰めちゃいけないんじゃないかと。観るお客さんがいての演劇だから。お客さんに余裕を持たせてあげる部分を残しておくとか。全部自分が「こういう声で、こういうしぐさで、こういう育ちをしていてこうです」って全部100%呈示してしまったらお客さんに想像の余地をを与えない。特に今回のこういう芝居だとお客さんに50、私の演技で50、それで100と。これはどんな演劇でもそれを演りつづけている中で一緒なんではないかと最近思うようになったので、変な言いかたなのだけれど、探求して探求して途中で放り出す。

山崎

それでしたら、昨日見せていただいた劇で、私は、ぐっと来た場面、涙が出てきた場面は、お父さんが亡くなる場面。司祭を呼んで来て(司祭に)「ざんげをしなさい」と言われる場面がありましたね。そこでお父さんは「それだったら自分の妻に」ということでしたね。
あれを観て私は「夫婦の愛だな」とすごく”ぐっ”と来たんですよ。

実際すごく私事的なことですが、父が4月に亡くなりました。その時に父が、自分が亡くなるという場面で、「すごく今動揺しています、妻を呼んでください」と言ったのです。だからその場面とだぶって、自然と涙が出ました。だから横の母もすごく泣いていたのです。春風さんに取って、今回演っていてぐっと来る場面ってどこですか?

春風

それは、もう8年演らせていただいているので、毎回変わるのですよ。
でも、どんな演劇でも同じだと思うのですが、「ここは、ぐっと私は来るんですよ」とお客さんの前では言わないほうがいいのではないかと。

やはりそうやって(お客さんが)自分の人生とリンクして観ていただけるということが私にとっては一番ありがたくて、これだけの演劇を演って、このお話をわかってください、ということではひとつもやっていないのです。

例えば、私の表情とか、台詞ひとつでお父さんのことを思い出してくださったり、自分の子どものことを思い出してくださったり、お母さんのこと、恋人のことを思い出してくださったり、そういう余裕をどんどんどんどん残したつくりにして行きたいと思っているのですよ。

だから今は50・50と言っているのですが、将来長い間演じつづけて本当にもしかしたら80位お客様の想像で、演技者としての春風の存在は20くらいでいいんじゃないのかな、と思うのですよ。

全部が全部表現してしまって、「どうぞ」という演劇もあるなかで、とても原始的な、お客様に想像させる本ってやっぱり少ないんじゃない。
春風さん、ステキなお話を聞かせていただき、どうもありがとうございました!  

●TOP