幹の会+リリック公演 『冬物語』 REPORT
2001/11/22-23
  「冬物語」舞台裏  作品紹介



 平幹二朗さんインタビュー 
 HappyBirthday,平さん!

 

       小川さんと平幹二朗さん
釧路での初日を前日に終え、2日目の上演が始まる2時間ほど前、今回の「冬物語」で主演・演出の平幹二朗さんが、会員の小川さんからのインタビューに応じてくださいました。

平さんは、釧路公演の前日の11月21日、68歳のお誕生日を迎えられました。インタビュー会場の劇場ロビーに来られた平さんは、黒のセーターというシックな装い。

会員の小川さんは、シチリア王リオンティーズ役の平さんとはうって変わった若々しい姿に・・・
    
小川 わたしは、シェイクスピアのお芝居、というと台詞が長かったりして、自分から選んで観る機会はあまりないかと思われたのですが、昨日舞台を観て2時間30分があっという間に過ぎ、とても楽しい時間を過ごしました。

友人は最後のシーンでは泣いたりしたり、また途中には楽しい場面もたくさんで、笑い声も随分聞こえました。

友人とも話したのですが、平さんの声が劇場中とてもよく通って、この「冬物語」も多くの舞台数をこなされているそうですが、どのようにしてコンディションを維持しているのですか?


声については、声帯が丈夫なようなので、あまり枯れたりすることはないのですが、風邪をひいたりすると、ぼくは、肺を手術していますので、肺機能が急にダウンします。
声がそれによって出なくなるというわけではないのですが、苦しくなります。

ですから、まず、風邪予防が第一ですね。
あとは睡眠を充分に。睡眠は7時間くらい取っています。

小川 睡眠時間の他に、風邪の予防の為にしていることはありますか。

公演が終わると、鼻を塩湯でうがいして、汚れを取って、そのあと喉のうがいをします。それからアルコールで消毒。(笑)

小川 この「冬物語」では、2幕構成でしたが、特に2幕目はとても綺麗だなぁ、という印象があります。今回、平さんは、主演されただけではなく、演出もされていますが、そのことにまつわるご苦労とかをお聞かせいただければ。

まず、稽古の段階で、自分で少し演ってみて、それから代役の人が一人いるのですが、その人がぼくの動きをみていて、台詞も覚えてくれて、ぼくが演ったあとに、ぼくが演ったように、演ってくれて、それを一通り観るのです。

観ているとだんだん自分が向こう(演じ手)の方へ行くのが億劫になって、本番も演ってくれないかな、と思うくらい、演出に夢中になってしまいます。(笑)

でも、時々は向うの方へ行かないと、皆も息が違うし、自分の方も、芝居が身体に染み付いてこないので。そういう意味で、倍の労力が必要となってきます。

演出の立場で客観的にならなくてはいけないし、俳優の立場では周りの演技を見てばかりだと、自分の演技もおろそかになるし。

ただ、演出は今回で2度目で、当然のことですけど、演出をして初めて演出家の苦労もわかることですし―
特に僕くらいになってくると演出家のほうも要求を出すのが怖いみたいで―まず、テンポよく演じなくてはならないというが実感ですね。

小川 この「冬物語」の中に、歌とか音楽が効果的に使われていたのですが、選曲は平さんがされたのでしょうか。そして、歌はオリジナルなのですか。

ピアノ曲はフジ子ヘミングさんのアルバムから、この劇にふさわしいものを選びました。
全体をピアノ曲でやろうというイメージは最初からありました。オーケストラ、とかそういう芝居ではないなという感じがしていたので。

歌は、シェイクスピアにはないところにも付け加えてあるのです。ポーリーナが女主人公を16年間もかくまっている、というリアリティのない設定ですね。

リオンティーズの嫉妬、誤解によって家が崩壊してしまうのですが、これは現代的解釈では、男の横暴に女たちが結託して守りあう、そして最後の場面では、夫婦が和解しあう、というよりも、離れ離れになっていた母と娘が抱き合い、男たちははじき出されています。

その血のつながりと女同士の連帯というのが、この不思議な物語を成り立たせているのだと思います。

神託を信じて、もう一度家を再構築できるように、愛が戻って欲しい、と1幕でポーリーナの思いをアピールすることにより後半に無理のない設定になると。

その歌もまったく作ったわけではなく、シェイクスピアのソネット集からとっています。

それから、第2幕で、羊飼いの娘が恋人に花をあげるときの歌ですが、台詞の一部を歌にしたものです。

そして、羊飼いの息子の道化役の深沢敦さんが歌って、美波里さんがジプシー女の役を演って踊る場面ですが、本来あったシェイクスピアの原作の歌ではあまり面白くなかったので、シェイクスピアのソネットを歌にして入れました。

夏の終わりのお祭りなので、青春が過ぎて行く、その瞬間を感じている。肉体の美しさは衰えていくのですが、美しさを歌った詩などの文学作品はずっと残るという歌をソネットの中から引き出しています。

本来は踊りの一団が来て踊る、という場面なのですが、美波里さんが踊りの名手なので、その場面で踊ってもらいました。

そして、観客が美波里さんが娘の母であるということを分かっていることを利用して、親娘が連れ舞いしているような、幸せな一瞬を錯覚しつつ感じて貰えるのではないかと言う期待もありました。

小川 第1幕目の悲劇性の強い場面からうって変わって第2幕目の場面では笑いと感動で湧いたのですが、釧路での観客の反応は舞台からどういう場面で強く感じられましたか。

彫像が出てきた時に、観客たちは、ハーマイオニーが生きていたことが分かって、それでも演じ手たちの方は、まだ生きているということは分からない設定になっている。

いつ知るだろうということで、待つ面白さと同時に虚構であるところを知っている笑いが必ず起きますよね。それが感動に入れ替わる瞬間、それが最後の方まで笑いが続く場所と、ある時から感動の方へ吸い寄せられたりする土地柄、年齢層色々ありますね。

第2幕では、驢馬とか色々手を尽くして笑わせているので、なるだけ早く感動の方へ観客を持っていかないとすぐ幕が下りてしまいますので。

でも、笑ってらして別に演りにくい、と言うことはないですよね。笑っているということは、それだけ芝居に乗って、入り込んでいるわけですから。

それがちゃんとうまく感動へ切り替わるのは、シェイクスピアの原作でも上手く感動へ繋がるようになっていますが、演じ手の方も少しずつ感動へと変わっていくようにしていかないと、いつまでも笑いが続いているということになりますから。

小川 平さんは、前回の「シラノ・ド・ベルジュラック」から続いて2回目の来釧ということになりますが、今回の釧路は前回よりは暖かいのですが、どうですか?釧路は。

地方公演は毎日1時間以上歩いたりしなくてはならなかったりで、僕はこの時期、神経痛とかの気があって辛いのですよ。

今日も温泉へ行ってきましたが。出来れば、今度は梅雨とか暖かい時期に呼んで頂きたいなぁ、と。(笑)


最後に、平さんに今後取り組んでみたい役柄について尋ねたところ、平さんが、これまでに取り組んでこられた役柄は、シェイクスピアやギリシャ悲劇、秋元松代さん、清水邦夫さんなどの作品で、”劇的な役柄”が多く、演じたことのないのは、いわゆる”新劇のリアリズムな役”と”女優”とのことでした。


日本の演劇界を代表する俳優、平さんの、丁寧にインタビューに答えてくださった誠実な人柄と、シェイクスピアの現代的な解釈をお聞きすることが出来て、またとない経験をさせていただきました。

演劇を楽しむ者として、これからも一層のご活躍を期待しています。
平さん、前田美波里さん、出演者・スタッフの皆さま、ありがとうございました。

******************************
              〜インタビューを終えて〜

 舞台では圧倒的な迫力と大きさを感じた平さんでしたが、お会いした時は、一回り小 さく感じました。

舞台の隅々まで響き渡る声はやっぱり舞台のもの。手術をして肺を切っていたなんて信じ られない!尊敬するなー!と、ただただ、プロのすごさを感じまし た。

「私も頑張るぞー!」と、インタビューを終えての帰り道、発声練習にいそしんだ私 なのでした。  ≪小川≫


HOME▲