2002/2/22-23  くしろ演劇みたい会 第15回例会
劇団俳優座公演 『黄金色の夕暮』 REPORT

 初来釧の俳優座さんと運営サークルの3日間に密着!  作品紹介

Nakano Seiya
中野誠也
Interview in Kushiro

2002/2/23 PM4:00〜 ホテルロビー

〜普通のひとびとの、ひょっとしたらあるかもしれない風景

「黄金色の夕暮」釧路公演2日目開演前の夕方、主演の中野誠也さんが、宿泊先ホテルのロビーにて、くしろ演劇みたい会の会員牛木さんのインタビューに答えてくださいました。
 
 ロビーのティールームに現れた中野さんは、臙脂のセーター、チャコールグレーのコーデュロイのパンツというアウトドア風の装い。ラフでありながら、お洒落。

中野さんと、会員の牛木さん



牛木  昨日、観させていただいたのですが、ホームドラマながら、一見重い内容。でも、面白かったです。
 そして、おばあちゃん役の川上夏代さんが、最後に「悪いこともあればいいこともあるわ」という言葉で、希望を持たせられて心が温まるようなエンディングでした。
今回は、再演ということで、前回・前々回とまた違った工夫とかありましたか。
中野  この芝居の中に出てくる人は、全員どこにでもいるような普通の人で、特別な特徴のある人は一人も居ないわけです。

 また、皆善人だし、「ああいう人が身の周りにいるな」と思うかも知れません。だから、銀行員の花岡雅之という人の役に関して、どこをどうするということより、全体としてのアンサンブル、家族というか「家族ごっこ」を舞台の上でどの位できるか、ということがキーポイントとなっていると思います。

 確かに、事件は、僕が外から持って来るのだけれど、それによって家族の人々、他の人間が動くわけで、逆に言うと、芝居として面白いところは、みんな他の人が演っているわけですよ(笑)。

 僕は、役者としては、損というか、芝居どころはそんなに無いわけですよね。僕は最初に長台詞をきちっと真面目に言わなくてはならない。そこではお客さんはクスリともしないし面白くもなんともない。銀行の不正融資にからむ成り行きを女房に相談するわけですが、それによって動かされる女房、子どもたち、乗り込んできた検察の親子、その事件によって影響された人たちの方が面白い。

 だからといって、僕がどうでもいい、ってわけではなくて、どこにでも居るようなお父さん、一家の主として存在していなければこの話は成立しないのであって、地味だけれど、しっかり真中にいなければならない。

 だから、最後のお花をいただくという場だけが(注:カーテンコールで、会員から役者さんたちにお花を渡します)拍手をいただけるというわけです(笑)。

 そして、芝居中に拍手をもらっているのは、周りの人です。

おばあちゃんなんか、特に最後に元気になる場面で、家族に祝福され、お客様にも祝福される。

そして、家族は年寄りを大事にして、なおかつお父さんは刑務所に行くかも知れないけれど頑張っていて欲しいと。

 悪いことの後に、いいことが必ずしも来るわけではないけれど、“悪いことの後にはいいことがあってほしい”という願いを込めておばあちゃんがいう台詞ですが、お客様は信じて応援する。

牛木  釧路に先ず着いた第一印象はいかがでしたか?
中野  ホテルの前に、海と川があって、MOOがそばにあって、ちょっと外国のようで、港町らしいですね。函館も港町だけれど。
牛木  今日は忙しい中、丹頂観察センターを見学したり、湿原に行ったそうですね。
中野  とても、楽しかったのですよ。「釧路湿原駅」で降りたのですが、他のお客様は終点まで行っちゃうんですね(終点は標茶)。

 帰りのことを心配しながら、てくてく歩いていたら、近くをあるいていたおじさんが車で送ってくれて。

「もし、君たち(温泉に)入るのなら送っていってあげよう」と。温泉に1時間ほど入って、とても楽しかった。丹頂自然観察センターでは、望遠鏡でよく見えて、タンチョウを観るのは初めてでした。


 中野さんは、俳優生活を40年あまりもされてらっしゃっていますが、俳優座へ入ったきっかけはどういったものでしたか。

 高等学校の時、新劇を観始めたのがきっかけと言えばきっかけです。
家族とか、親戚に、役者とか演出家とかがいるわけでもなくて、まさか自分が俳優になるとは思いませんでしたが、舞台を観ているうち、素晴らしい芸術だと感動するようになって。

 そして、早稲田に入って、学生演劇で活動して、その時は役者になれるとは思っていなかったのですが、そういうことが積み重なって、俳優座の養成所の十期生となりました。

 当時俳優養成機関としては、千田是也が所長をしていた俳優座の養成所が一番充実していて、東映の高倉健とかそういうスターさんとかも輩出してきたのですね。

 そのころテレビとかも普及してきて「事件記者」とかは、俳優座の出身の人たちが活躍していたのですよ。

 もちろん、「文学座」にも「民藝」「文化座」にも養成所があったのですが、受からなかったらそれで辞めようかなと思っていました。

         (注)俳優座は、当時新劇志望の若者たちからは、劇団の“東大”と言われ憧れの存在


 これからの中野さんの夢、とか、役作りについてお話いただければ。

 やっぱり良い芝居を創る、と一言で言うというと簡単なのだけれど、面白い芝居、お客様に喜ばれる芝居というのは、誰もが思うこと。

 それでは、どういうのが、お客様に喜ばれる面白い芝居なのか、それが一番難しいのだろうと思う。

 ただ、お客様に迎合するような芝居は、お客様も敏感で、テレビとかに慣らされているから、お客様に迎合すればするほど、離れていく。

 そこで、お客様には演劇的な感動を与えなければならない。人間の心に響くような芝居を作らなきゃいけない。それには、“天才的な才能が欲しい”と思いますよ。



 それでは、オフの時というのは、どういった過ごし方をしていらっしゃるのですか。

 オフの日というのは、家の傍にジムがあるのですが、時々そこへ行って、プールに入ったり、体操したり。

 身体が資本ですが、精神的にも強くなければならないですよね。日常的に身体を鍛えたりして管理しているのですか。

 自分では敢えてそんなことは思ったりしないけれど。色々なことに、いつでも興味を持ったりする気持ちは、失いたくないですね。

 それは、役者だけでなく、どんな方にも必要だけどね。本を読んだり、映画観たり。そして、役者には好奇心とある種の闘争心っていうのかな。そういうものも必要でしょうね。

 切磋琢磨することは必要ですからね。アンサンブルの中に埋没して自分を見失ってしまうのも、役者にとってはいいことではないし、かといって、アンサンブルを無視して自我ばかり主張して我儘放題というのも芝居を創ることは出来ないし。
だから、役者にとってはバランス神経というのは必要なのです。


 それでは、今一番やってみたいことというのは、何でしょうか。

 (少し考えながら)ま、いいお芝居を創ることなのだけれど。

 今、俳優座は非常に厳しい状態。俳優座以外の劇団、新劇自体も非常に厳しい状態にあって、その中でこれから、いい芝居を創っていくのは、もう一度原点に戻って、演劇とは何かを問い返して行かなければならないのではないかな、という気がしているのですよね。

 そうしないとひどい目にあう。昨今新聞を騒がせている食品関係の事件も、自分の使命というものを忘れたものたちの末路ではないのですか。

 だから、俳優座は戦後の新劇をリードしてきた劇団の1つではあるのだけれど、これをおごり高ぶって、演劇と言うものを間違って、解釈して展開すると人ごとではない。

 だから、もう一度一年生にもどって、“芝居とは、役者とは、演劇とは何か”ということを素直に見つめ直すということが大事なんじゃないのかな。

 この間、賞をもらったのは個人的には嬉しいけれど、これからますます大変なんじゃないかな。
           ●中野さんは、「ヴェニスの商人」のシャイロック役で、読売演劇大賞優秀男優賞受賞

 先行きがばら色に考えられない。まさに今回の僕の役の雅之さんなんですよ。雅之さんが最後に「大変だけど、怖いけど」と言って、それでも現状を肯定して、これでいいのかと問いつづけながらも頑張っていくのですよ。

 僕は雅之さんのあの言葉、お客様が誰も感動してくれないけれど、50代60代の男の辛さというのがああいうところにあるのですよ。

 今まで、男の辛さというのを取り上げた芝居と言うのはいままで無いのではないか。そういった意味で画期的だと。少しは男の辛さをわかってくれないかなぁ、という気持ちはあるのですよ。

 男はこの社会や家庭を面白くしようしてと生きているわけではなくて、社会や家庭を支えるという役目があるわけだから、辛いんですよ。

 この芝居の花岡という銀行の支店長は、社会や組織のゆがみを引き受けてしまった役柄になっていて、それが日本人の多くのお父さんの普通の姿だと思う。

不祥事があった場合、責任取らされて、かといって、重役とかになるチャンスはない。

 そういった意味で、今の社会を反映している作品になっている。その中でも、おばあちゃんの「悪いことがあれば、みんな元気になるさ」というのは、老人の知恵でしょうね。

 しかし、その世代は、いいことはあまり無かったかも知れない。今の70歳、80歳のおばあちゃんは、戦争の中を生きてきたわけだから。連れ合いが戦争へ行ったり、戦死した人もいる。焼け跡の中を生きてきたり、恋人を戦争で失ったり。

 でも年寄りを大切にしない社会は寂しい社会ですよ。そういう社会になりつつあるから、あの家族のようにお年寄りを大切にしていかなくてはという気持ちがあります。


中野さんの演劇に対する真摯な姿に一同感動しました。ありがとうございました!


HOME