ユーモア溢れる絶妙な会話と出口探しのストーリー!吉と出るか、凶と出るか、上手くいくのか、この3人!絶賛された「賭けること」待望の再演決定!
| キャスト
| 阿知波悟美メッセージ
| 作品紹介 | 稽古場訪問20060816
| 運営サークル活動
 

■Story
宮本(河西健司)の元に妻から不可解な電話が入った。
 『貯金を200万下ろして至急帰ってきて!』

お金を用意して足早に帰宅した宮本の目に飛び込んできたのは、なんと、妻(阿知波悟美)が見知らぬ男(中西良太)に銃を突きつけられている姿だった。

『何が起こったんだ !?』  ところが戸惑う宮本を残し、妻はひとり逃げ出してしまう。

見知らぬ男と二人きりになってしまった宮本。男は田辺と名乗り、この家に強盗に入ったのだという。ここまでのいきさつを話す田辺。話を聞いた宮本は思った。

もしやこれは妻が最初から自分を犠牲にするつもりだったのではないかと・・・。
 『そんな女房を許してたまるか!』

ここに強盗犯・田辺を巻き込んだ宮本の復讐劇が始まった。

 宮本の発案で若い婦人警官との人質交換を要求する。

 ところが、人質としてやって来た婦人警官を見てびっくり! 先程逃げて行った宮本の妻と似ているではないか。しかも、若いといったはずなのに全然若くない・・・。

予期せぬ展開に動揺してしまう田辺と宮本。そんな二人のやり取りに疑念を抱く入江婦警。




■阿知波悟美さんからみたい会へメッセージ

くしろ演劇みたい会運営サークルの皆様へ


お久しぶりです。3年前、劇団NLT「幸せの背くらべ」でお邪魔した阿知波悟美です。その折には皆様に歓迎していただきありがとうございました。

その釧路に、今年秋、またうかがえること大変楽しみにしております。

今回の作品は
「2時間ドラマを見れば誰かが出ている」というような個性的な脇役を得意としている3人が、3人とも主役の芝居です。

初演はもう6年前になりますが、最初の読み合わせのとき、笑ってしまって読めなくなったことを今でも鮮明に覚えております。

もちろん、稽古中も噴出してしまって、口中を噛みつつセリフを言ったこともありました。そして、予想通りお客様に大変楽しんでいただき再演もいたしました。

私たちはこの作品で旅に出たいと考えておりましたが。なかなか叶わず数年経ってしまいました。

ところが、この度北海道ツアーが決定!!
すんごく嬉しいです!

何しろ私の出身地北海道。共演の2人に自慢したい気分と、私たちが創った芝居を北海道の皆様に自慢したい気分があいまって、1人盛り上がっているわけです。

そんなこんなで、沢山の方々に観ていただきたくお便りしました。

ツアーのための稽古はこれからですが、さらにパワーアップした作品にするべく精進いたします。

どうかお友達を演劇みたい会に誘って下さい!!お会いできる日を楽しみにしております。

2006年6月14日
 劇団NLT 阿知波悟美








■河西健司&中西良太インタビュー 2005年7月



-「賭けること」は、中西さんの6本目の脚本ですね。

中西 僕は、自分が演じていて面白い物を書いていますね。当て書きが多いんだけれど、いつも健ちゃん(河西さん)とやる時に、どっちがどの役をやるのか。阿知波さんだったら、こう喋ってくれるとか考えながら書いています。


-3人芝居にしたのは?

中西 2人芝居って辛いでしょ(笑)3人の方が飽きないし、バリエーションが広がるかな。

河西 男性2人、女性1人の3人のサークルの関係が面白いんですよ。でも、出ずっぱりで一瞬でも気が抜けないけどね。


-テレビの仕事も多いと思いますが舞台の魅力は?

河西 魅力というのは、一瞬、一瞬、その瞬間二度と帰ってこないようなライブ感というんですかね。

その緊張感を皆さんと同じ1時間30分を共有できる。そして、終わってからの熱さとか完全燃焼した空間に対する充実感でしょうかね。僕が続けているのは。

中西 基本的には同じだと思うんですが、映像でもヨーイからカットまでの時間というのは、火事場の馬鹿力ではないんですが、結構何でも出来ちゃうんです。ちょっと非日常の時間なんですよ。

舞台の場合は始まってから終わるまでの長い間、カメラが廻っているのと同じなんです。
でも、舞台は二度と同じものが観られない。そこが面白い。


-初めてのツアーですね。

河西 僕たちは大きな劇団と違って臨場感を感じる芝居をやりたいと小劇場から始めているので、大きな組織を回ることはなかったんですよ。

でも、僕らのような年代の俳優が3・4人組んで自由になって緊張感のある、充実した芝居をプロデュースできたらいいな。

そして、それを北海道の演劇鑑賞会が選んでくれた。皆さんの行動力の広さは凄いなと思います。


-お話を伺っているとお2人の息はピッタリに感じますが。

河西 仲は悪いですよ。あんまり近くにいるものだから、その分はねるぶぶんも多くて(笑)


-本音で語り合うという感じでしょうか。

中西 僕ら仲が悪いんです(笑)。う30年以上も一緒にいるから全てわかっちゃう。でも、生きていく限り一緒にやっていきます!


-「賭けること」で好きなセリフはありますか。

中西 自分で書いているんですが、いいセリフが幾つもありますね。僕のセリフで「世の中は夫婦から始まるんだよ、夫婦が一番肝心だ」というんですが、これは僕が長年思っていることで、夫婦の仲がよければ世の中上手くいくじゃないですか。
ちょっと隠れたテーマがあるんでうしょ。

河西  あっ、そうだったの?(笑)

中西 見所って言うんじゃないんだけど、ほとんどのセリフが本音のセリフですよ。

河西 人の人生って上手くいかないものなんです。
この芝居も例にもれず、どうしても上手くいかない3人が集まって、それに対する応援歌というのかな。

これを4・5年前僕は50代で中西が45歳過ぎて、いわゆる中年ですよね。くたびれてどうにもならない、しかも先の展望が見えない。

中には夢に溢れている部分もあるでしょうが、そこから少しの光が前へ明日から1週間、1ヶ月、1年・・・といったふうに歩いていかなきゃあしょうがないじゃないか、というようなメッセージなんです。

生きていれば、そんなに悪いことばかりじゃないよ、とそんな感じがしますね。


-北海道の会員に向けて

中西 僕は釧路出身の俳優と知り合ったことが役者になるきっかけだったんですよ。仕事がらみで20回ぐらい北海道に行ってますが、人が明るいですね。

自然の厳しいところでは、その大らかさと強さがマッチして明るくなるのかなあ。

それに、僕の奥さん、芦別なんです(笑)

河西 阿知波さんも、八雲町に住んでいるしね。

-ますます縁がありますね。来年を楽しみにしています。



くしろ演劇みたい会第36回例会
コットンクラブプロデュース
「賭けること」
2006年9月29日(金)30日(土)
18:30〜20:10
釧路市生涯学習センター
 ■キャスト、スタッフ
 ■スタッフ
台本 中西良太
演出 中嶋しゅう
美術 加藤ちか
照明デザイン 沖野隆一
照明オペ RYU CONNECTION
音響 関克郎、清田泰孝
書(タイトル) 梅津 榮
写真 安田末範
演出助手 増田英治
舞台監督 松本仁志
制作協力 トムプロジェクト
企画制作 (株)エムアール
藤澤義公


 ■キャスト
田辺(強盗) 中西良太
宮本 河西健司
妻、婦警 阿知波悟美


 河西健司(かさいけんじ)
河西健司(本名)
昭和24年11月27日
長野県出身
趣味:読書 特技:スキー、乗馬

情熱的で、ちょっとトボけた、それでいて男の色気を感じさせる、そんな役を演じられる数少ない俳優。乗馬・スキー等スポーツも万能

●映画
「ミンボーの女」「河童」「誘拐」「踊る大捜査線 THE MOVIE」他
●CM
「缶コーヒーBOSS」「勧角証券」
●テレビ
「天まであがれ2」「はるちゃん」「水曜ドラマスペシャル」「大河ドラマ 独眼竜政宗」「火曜サスペンス」「ナースステーション」「はぐれ刑事純情派」「連続テレビ小説かりん」「ザ・シェフ」「大河ドラマ徳川慶喜」「FACE」「はみだし刑事情熱系」「連続テレビ小説さくら」「世にも奇妙な物語」他多数

 脚本家 松原敏春
二の線(二枚目)とか三の線(三枚目)とか、そんなことはどうでもよくて、役者は常に変幻自在でいて欲しい。河西健司はこの処、ジワジワと静かにしかし確実に、ゾクッとする程イイ線になって来た。まっとうだがあやしくて、のびやかな上にしなりがある。今度の芝居、私は久々の自信を持って河西健司を本線に買う。健チャン、ぶっちぎれ!!


 中西良太(なかにしりょうた)
中西良太(本名)
昭和28年1月10日
兵庫県出身

シリアスからコメディまで、なんでもこなす演技力は折り紙付き。また、マルチな才能を発揮して、コットンクラブの台本も執筆

●映画
「ミナミの帝王シリーズ」「猫の息子」「しあわせになろうね」「仔犬ダンの冒険」他

●CM
「ダスキン。大江戸100番100番劇場」
●テレビ
「天まであがれ」「火曜サスペンス」「土曜ワイド劇場」「月曜ドラマスペシャル」「大河ドラマ徳川慶喜」「はぐれ刑事純情派」「三匹が斬る」「遺言」「十津川警部シリーズ」「日曜劇場サラリーマン金太郎」他多数

 脚本家 水谷龍二
面白い芝居が観たい。芝居の好きな人なら誰だってそう思っているはずだ。ところがなかなか面白い芝居がない。じゃあ自分で作るか、僕が芝居をやり始めたきっかけはそんなことだった。中西良太も多分そうではないかと思う。でなければ苦労して台本を書いたりはしないだろう。実際は楽しんで書いているかもしれないが・・・。どっちにしても年々憎いほど面白くなってきている。理屈ではなく実感を大事にしている台詞がいい。人生がそこにあると感じさせてくれる芝居だ。



 阿知波悟美(あちわさとみ)
阿知波悟美
1959年5月19日
北海道今金町出身 O型
特技:日舞、洋舞、料理、タップダンス
劇団NLT所属

高校時代から戯曲を読むことが好きで、この頃、劇団民芸の奈良岡朋子さんがアニー・サリバン役を演じていた「奇跡の人」を見て大感激する。
このサリバン役を自分もやってみたいと思い、卒業後に俳優を志して上京。
 2年間の専門学校をを終え、劇団NLT(故・賀原夏子主宰)に入団。
1986年の『レ・ミゼラブル』初演のオーディションでマダム・テナルディエ役をつかむと、『雨よりも優しく』や『大人の選択』(ともにTBS)などのトレンディ系のドラマなどへも次々と出演し、個性的な存在感をアピール。その後、NHKの連続テレビ小説「ひらり」で、石田ひかりさん演じる『ひらり』をいじめる「すみれ」役を演じる。
 現在は、ふるさとの北海道(八雲町)に移り住み、北海道から舞台、ドラマ、バラエティと幅広く活動している。一児(女児)の母である。


●映画
「銀のエンゼル」「スーパーの女」「白鳥麗子でございます」「プライド」「静かな生活」「ゴジラ2000」他
●CM
東レ「トレビーノ」 「JR九州」「ハウス食品、ククレカレー」「SONYハンディカム」「メイワ薬粧 琉球黒酢もろみ酢」「日立PRIUS(パソコン)」
●テレビ
「3年B組金八先生」「死体は語る」「コメディ道中でござる」「ウオーターボーイズ2」「夏の日の恋」「監察医、篠宮葉月」
●舞台
「モーツアルト」「エリザベート」「幸せの背くらべ」他
 ■脚本家 佐伯俊道
『畸』とは田を作る時、地勢の関係で正方になれない『余り(はみだし)』のことをいい、転じて数の割り残ったものを指すようになったという。中堅女優の中で、現在、『畸人』を演じさせたら、阿知波悟美の右に出る者はいないのではなかろうか。ボクもテレビでは彼女に数種の『余り者』を演じてもらったが、いずれも抱腹絶倒、ワンシーンしか出なくても、その存在感はどんな主役をも『喰って』いった。その阿知波が二役をこなせば、笑いは二倍以上の相乗効果良太よ、河西よ、覚悟あれ!




▲HOME