紙屋町さくらホテル
観光ガイド交流会木場勝己&森奈みはるインタビュー広島
「桜の花を満開にして、いい春を迎えよう!」と桜の花びらに思いを込めて運営サークル活動に取組みました
 
●2月21日
2月14日から始まった北海道公演。2月の釧路は本来は厳冬のはず。でも今年は暖冬。-1度の気温に拍子抜け?運営サークルの笑顔が桜の花以上に満開でした
 


●恒例!和商市場の勝手丼ツアー!今日の隊長は萬長さん?

●「おーい、こっちでご飯を買え〜」萬長さんがご飯屋に案内。案内役の山田さんも着いて行きました。 ●萬長さんのお気に入りは「矢部商店」?さっさと1人で作ります(笑)2月の釧路は特に魚がおいしい ●「えへへ、先に食べちゃうもんね」大トロをトローリ。ここまでで約5〜8分。



●木場さんも萬長さんに負けじと(?)ほおばる!10年ぶりの釧路はいかがですか?右上が木場さんの勝手丼 ●下は久保さんの勝手丼。かに、うに、いくら、ほっき、鯨、サバ、えんがわの豪華版 ●「実は朝から何も食べてなかったんだよ〜」久保さん、気合が入ってます! ●男性陣がぱくつく間ものんびりと作る中川さん♪「カニカニ〜」と楽しみにしていましたね。


●やっと、皆が揃って食べ始めたばかりなのに、萬長さんは「2杯目にいく!」と立ち上がりました! ●すると、木場さんもさっきから目を付けていたネタにGO! ●中川さん&森奈さんは仲良くおしとやかにいただきま〜す♪



●鮭児の切り身は580円!(高)●食べ終わると釧路マップに見入って盛り上がる皆さん♪ ●お腹がいっぱいになったら、こんなに素敵な笑顔で運営サークルと談笑する萬長さん。中村君に似ている人がいるらしく、かわいがられていました。 ●中川さんは釧路マップをホテルから持参して、運営サークルに質問。運サお薦めの店とあって本気で聞いていました♪


●2杯食べてお腹いっぱい。上着も脱いで超リラックス〜の久保さん(^-^) ●ここからが女性陣のお買い物タイム!かにのミソを試食して「おいし〜い」を連発する森奈さん。 ●水野商店さんが「たくさんお買い上げいただいたお礼に」とさらにかにをプレゼントしているのを目撃〜(^^)礼儀正しくお辞儀をする女優の皆さん。食を通して地元民と触れ合うっていいですね。


●運営サークルの杉田さん、濱田さん、松原さん、長濱さん、梅原さんと、中川さん、前田さん。これはピースなのか、カニなのかわからなくなってきました〜(笑) ●森奈さんの宅急便発送を待ち続ける萬長さん、木場さん、久保さん。「そろそろ幣舞橋に夕日が落ちる時間に近づいてきたぞ〜」萬長隊長が心配気味♪


●お腹がいっぱいになったから、MOOにGO!


●和商市場から男優陣&高校生チームは歩いて幣舞橋へ。5時10分、世界三大夕日を眺める ●MOO2階の「ベイカフェ」から手を振る女優陣。中川さんは「外寒そう〜早くおいで〜」とさけんでいます ●「あっ!萬長さん!こっちこっち」氷カフェを頼んだ前田さん


●釧路川の夜景が、こんなにノスタルジックだったなんて知らなかった! ●木場さんの素顔は本当に気さくです。 ●「え〜!まりもっこりってそういう意味だったの?」


●阿寒土産「まりもっこり」の話でかなり盛り上がりました!手ぶり身振りで大笑い ●1階のミニミニ水族館の向こうからビヨ〜ンと横に伸びたアングルで1枚(^^) ●お土産はやっぱり「まりもっこり」。MOOも喜んでま〜す

●桜の木を作りま〜す

●男子もいろ塗りに参加


●横断幕も桜吹雪が舞う
●美佳の力作
出演者の似顔絵です


●釧路空港では盛大な
お出迎えに、一番に出て
来た木場さんもビックリ!



●「これが釧路なんだよ♪」
と萬長さんが自慢





●例会当日運営


●今一番人気があるのは、搬入作業!10時開
始でサクサク進みました



●コロちゃんが1日目のケータリングで、なんと手作りの太巻きを作りました!


●これもケータリング。このみかんの中に何かが隠れています。もしかして・・・「まりもっこり」??


●1日目は、場あたりの前に俳優との対面式が実現して感激


●G-8八重垣軍団が受付を担当。溢れる笑顔で迎えてくれました。


●旭川から入会した山田さんも無事釧路に到着!


●ちょっと珍しい光景。E-9石田さん、C-6志牟田さん、E-31武山さん、B-3本間さんと男性が4人も!




2007/3/1 北海道新聞夕刊一面 今日の話題「きずな力」

●東京の演劇を釧路で気軽に楽しみたい−こんなファンの願いを実現させてきた演劇鑑賞会「くしろ演劇みたい会」(宮古睦運営委員長)が1998年1月に誕生して、今年で10年目を迎えた。現在、会員は1680人。高校生から社会人、主婦、シルバー世代と幅広い層が参加している。

会員全員が3人から10人程のサークルに入っている。ユニークなのは各サークルが持ち回りで公演までの準備から打ち上げに至るまでをボランティアで運営し、参加意識を高めている点だ。

38回目の例会となった2月は、こまつ座の「紙屋町さくらホテル」を呼んで来た。釧路空港到着ロビーで、会員が垂れ幕を掛けて団員たちを出迎えた。

この日の為に手作りした釧路の観光マップを手渡し、人気俳優たちを和商市場に案内、名物の勝手丼などを味わってもらった。

こまつ座の俳優・辻萬長さんは「全国を回ってもこんなに歓待してくれるところはない。一緒にやろうと盛り上げてくれ、役者をその気にさせてくれる」と語る。

全国的にみると、地方の同じような演劇鑑賞会は、景気低迷などの影響を受けて、会員を減らす傾向にあるが、釧路は回を追うごとに会員を増やしている。

その秘密は、会の活動を通し、会員同士が楽しみながら仲間意識を育み、きずなを深め合ってきたことにあるのは間違いない。

この「きずな力」の源は、共同体意識による助け合いである。そこには格差社会による不平等の再生産はない。不況にめげない釧路の元気のもとを、またひとつ発見した気がした。(北野)






●200回記念公演は大成功! 四季彩での交流会はカニカニカニ〜


●10年以上前に「きらめく星座」で来た時は、船に乗って撮影をしているうちに、すっかり酔っちゃったことを思い出した。今回はホテルから見えるガス灯の光がいい。「釧路に住みたいな〜」って思っちゃいました。今年は新国立劇場とパブリックシアターの3回芝居に立つので観に来て下さい ●長い旅公演をしていると常に釧路は山場になるんだけど今回も山場中の山場だった。釧路だけなんだよ、ビデオレターを撮りに来てくれて、学生と大人が一緒に運営活動をしているのは。そして、今日みたいに満席だと、僕らだけでなくお客さんの気持ちが盛り上がるんだよ。スタンディングオベイションも嬉しかった。「父と暮らせば」「兄おとうと」と続いたので、いつもは「またね」って言うのに、これからしばらく会えないと思うと寂しいんだ・・・。また呼んでね。 ●3日連続でSL冬の湿原号の写真を撮ったんですよ。もう本当に楽しい3日間だった。と話す大原さんは、鉄道マニアならぬSLマニアです。


●今日で200回目の公演と聞き、「そんなに?」って思ったんだけど、よくよく考えると、200回ってたったの27日なんですよ、飲まず食わずでやって27日!たいしたことなかった!(爆笑)河野さん ●え〜別に広島弁は得意じゃないんですけど(笑)文学座「踏台」でお世話になったときも釧路は元気があったんですが、今日ものせてもらって気持ち良く芝居が出来ました。えっと・・・来年は「ゆれる車の音」でお世話になります!・・・栗田さん ●みたい会の会員は本当に楽しんでやっているのがいいよね。それに、生涯学習センターの会場の800席が演劇鑑賞会と劇団の合意点だと思うんだ。ちょうどよい大きさで、これ以上になると臨場感が違ってくるんだよ。


●「釧路はあの・・・」「あの〜」「あの〜」(爆笑)実は言語学者ならぬ言語障害役者でした!(爆笑)
●到着した日から高校生&運営サークルの皆さんが和商市場に連れて行ってくれて感動しました。今日のお芝居は高校生は何を感じたのか聞きたい!という久保さんの熱いコールに応え、E-35山田さんが学生を代表して、今日の芝居の感想を語りました。
●「あと6日で高校生も終わりです。最後に紙屋町が観れて運営に参加できてよかった。みたい会は皆と一緒に作って、会員同士が触れ合えるのがいい。この前、母と「今度は戦争の芝居を観るんだ」って話したら、「昔の人は物がない中毎日頑張って生きていたよね。今は物が溢れているけれど、でも頑張って生きていくことが大切だねって話しました。今の私にとって芝居が一番大切で仲間がいっぱい増えた。私は釧路から出るけれど、これから一生懸命になれるものを見つけて行きたいと思った。紙屋町はちょっと切なくなるけれど、心にズシンとくるお芝居でした。」


●萬長さんは、なぜかカニの甲羅を持たされ、ポタポタ落ちるのを抑えながら笑顔でポーズ! ●高校生の感想に涙を流した久保さん、河野さん。 ●大原さん、久保さん、河野さんの3人は「万年青」へ。




▲HOME