片づけたい女たち
2007年11月16日〜17日 18:30〜20:20(休憩無)生涯学習センター
片づけたい女たち 例会のまとめ
インタビュー 観光ガイド 交流会 運営サークル

■観光ガイド
●グループホームかおり号
●運転はD-8辻野さんです。女優3人が車の中で喋っていたことは・・・内緒ですって♪
●釧路湿原展望台
●D-8ねことしっぽ 丸尾さん夫妻、京谷さん、菊地さん、辻野さん、A-31さつき 杉田さん夫妻、B-37ポロト案内舎 日高さん、C-2タイウンレディ 本田さんが観光案内をしました〜。
●湿原は秋の装い。湿原の中を蛇行する釧路川も一緒に観るなら、細岡展望台のほうがGOODです♪湿原展望台は、湿原の遊歩道を歩きたい方、タンチョウも見たい方にお勧めのコースです♪
●鶴見台(タンチョウツル)
●釧路と言えばタンチョウ。鶴居村にはたくさんのタンチョウヅルが飛来しています。岡本さんが生態について質問すると、B-37日高さんは、全ての質問によどみなく答え「ツルの研究してるの?」と褒められました♪
どれみふぁ空で丹頂カレー
●丹頂ヅルが飛んでくる光景を観て、指をさして喜ぶ田岡さん。
●ソフトクリーム、ケーキ、ハーブティー。「私も一口食べさせて」と言って、3人で味見のしあいっこ。
●松金さんが「やっぱり丹頂カレーを食べたい!」。これも3人で1つを分け合いました。
●運サE-24ごらん・濱野さん夫妻が経営するどれみふぁ空。「僕らは今日、観劇します」
●お土産も買っちゃった!「センスがいいものが揃っている!」と感激の田岡美也子さん
●鮭の遡上ウォッチング
●この時期の鮭は、「ほっちゃれ」と言うそうです。命を懸けて遡上するそのの姿は感動ものです。
●ブロードバッハのパン
●松金さんが「めちゃ美味しかった!」と大喜びしたブロードバッハのパン。釧路でも人気の高いパン屋さんです。
JR釧路駅に松金さんが突然登場

●11/15の釧路は一気に気温が下がり冬到来。でも、JR釧路駅の構内は、20名の運営サークルが集まり、熱気ムンムン。そこに、後ろから松金よね子さんが「こんにちは〜」と登場!松金さんだけ一足先に釧路に到着していたことがわかり、みんな驚きでした♪岡本さん、田岡さんも元気に列車から降りてきて楽しいお出迎えでした
交流会 「劇的な人生を送りたい」

●交流会は、松金さん、岡本さん、田岡さん全員が参加して、63名の貸切り。お店は前回と同じ四季彩を貸し切って開催。写真も4回に分けて撮影。予定を超えて2時間交流しました!
●G-44あるこっとの猪沢さんが「台詞はどうやって覚えますか」A-31杉田さんから「女優になったきっかけは何ですか?」と質問。田岡さんは、女優になると決めたとき、お母様に「女優になるなら勘当する」
と言われ、羽が4枚ぐらい生えて家を出た話や、「女優になるということは、手元にたった500円しかなくても、400円で薔薇の花を買い、残りの100円で食べるものを買う。そのぐらいの覚悟を持たないと出来ない」と言われたことを話してくれました。「劇的な人生を送りたい!」まさに、そのとおりの人生を送っている田岡さんは輝いていました。

●松金さんは、最初はラジオのDJになってみたいと考えていたそうです。でも、歌は下手だしと、劇団テアトルエコーのオーディションを受けたら、たまたま合格したのが、この世界に入るきっかけでした。 ●今回の舞台は、出ずっぱりで台詞もたくさんあります。台詞の覚え方は?の質問に、「電車でも歩いていてもブツブツ台詞を言っていると、周りの人が気味悪がるので(笑)ウォークマンを聞いているフリをして台詞を話しています」

●学校を卒業してやることがなくて、でも普通の生き方をしたくなくて・・・と考えていたとき、芸能界に入ることをきめました。でも、テレビではなく、自分は性格も暗いし、人前に出るのも好きじゃない。
だから、河原乞食(俳優)の方を選んだの、と話していますが、皆お腹を抱えて笑っています。真剣な話も、ユーモアを交えて語ってくれる素敵な岡本さんです



●どのテーブルも、話に花が咲き、笑い声と笑顔が溢れていました。
●「グループる・ばるは、今年で結成21年目を迎えましたが、みたい会は10周年だったんですね。私が、10年前の第1回目の例会「マンザナわが町」で来た時以上に、皆さん元気で若い!」松金さん。


 タンチョウのように舞う岡本麗さん
●どれみふぁ空の2階ギャラリーで開催していた写真展。岡本さんは、写真や動物が大好き。「どうしても見たいの」と言って2階に走り、北海道の大自然に触れ、ツルのごとく舞いました〜

 釧路湿原展望台は2度〜(^O^)
●北海道公演の千秋楽は釧路ということで、観光ガイドは、初めての「釧路湿原」!担当サークルも力が入ります(笑)まずは、湿原展望台へ。こちら側から見る湿原は遠くて物足りないかな?岡本さんから「向こう側に見える山は何ですか?」という質問が。岡本さんは長崎出身なので、「阿蘇の外輪山」に似ていると思ったそうです。

 インタビューは、3人の掛け合い
●A-13 FMくしろの大津さん、柿林さんがインタビューを担当。釧路の印象は?の問いに、岡本さんは「昨日、ホテルの窓からの夕景が綺麗だった。一方は街の灯りがポツポツ付き始め、もう一方は夕日が海に沈んでいくのが見えて、えもいわれぬ景観でした」と答えてくれました

 託児が充実しています
●託児が好評です(^^)HERO FOR KIDSさんは、毎回工夫を凝らして、子ども達と楽しんでいます。さやかちゃんのブリッジは5歳とは思えない!ことえちゃんのつま先立ちもバレリーナみたい。特技があるっていいなあ〜。

 運営サークルが元気です
●ロビー入り口で「今すぐ確かめよう!会員証は?座席シールは貼った?」ボードを持って呼びかけ。会員証忘れを減らしたい。

●会員証忘れコーナー。今回は46名も忘れました。

●携帯電話OFFは毎例会呼びかけていますが、今回も2回鳴りました。●新会員証のアイデアコーナーを設置。私達の会員証を良くしていくために意見を!
●会員証に「済」印を押して入場します。2回目の今回は工夫をしてスムーズに
●今例会で2つの試みに挑戦しました。●感動BOXコーナー。私達が感じたことを言葉にして劇団に送ろう!コーナーには2日間で50人以上の人が集まりました!●E-20フォーエヴァーの大島さんの寄付で実現した「オペラグラス貸し出しコーナー」。今日はF-39カトレアサークルが積極的に呼びかけ、皆さんに喜ばれました♪

 感動をありがとう!
●私も驚いた「感動をありがとう」のメッセージ(^^)ホテルロビーもクリスマスのディスプレイに変わり、「感」「動」「を」・・・と、一文字ずつに金のモールもついて、クリスマスモードがUP。こんなに派手なお見送りに、松金さん達は笑顔で「ちょっぴり照れるわよ」と言いながらバスに乗り込み、手を振ってお別れしました(^^)