あらすじ  | キャスト・スタッフ  | 女殺油地獄の歴史  | 新聞  | 運営サークル活動 | 嵐広也 講演会 | 観光ガイド | 例会運営 | 交流会 |
 
くしろ演劇みたい会 第30回例会 前進座「女殺油地獄」 平成17年6月10日(金)11日(土) 午後6時半〜9時


 ◆スタッフ
 作=近松門左衛門
 脚色=小池章太郎
 演出=高木康夫
 照明=寺田義雄
 音楽=杵屋佐之忠
 舞台監督=山口誓志

 ◆出演

      河内屋与兵衛
   嵐広也(あらし ひろなり)
   
【屋号】豊島屋(てしまや)

昭和40年生まれ、東京出身
・1970(昭和45)年12月新橋演舞場『雨あがる』の子役が初舞台。
・桐朋学園短期大部演劇専攻を経て、1986年(昭和61)前進座に入る。
・同年5月全国巡演『柳橋物語』の清七で初代嵐広也を名乗る。
・六世河原崎國太郎の弟。父方の祖父五世嵐芳三郎、母方の祖父五世河原崎国太郎、父六世嵐芳三郎と三代つづく女方の血をうけ、女方もこなす。


    「子午線の祀り」より

◆外部公演
・新国立劇場『夜明け前』宗太
・地人会『薮原検校』杉の市
・地人会『雁の寺』慈念
・『子午線の祀り』源義経


      「薮原検校」より

◆TV

・NHK『お登勢』加納睦太郎
・テレビ朝日系列『やっとこなーうんとこなー・姫路城秘話』の榊原政岑他。
◆前進座公演
「旅の終りに」「天平の甍」「銃口」「さぶ」「臍曲り新左」他


お吉
今村文美
いまむらあやみ
東京出身
「旅の終りに」「天平の甍」他
父親・徳兵衛
小佐川源次郎

【屋号】鯛屋
東京出身
「さぶ」「ベニスの商人」
母親・お沢
西川かずこ
埼玉出身
「赤ひげ」「唐茄子屋」他
山本森右衛門
藤川矢之輔

【屋号】大坂屋
東京出身
「三人吉三巴白浪」他
豊島屋七左衛門
山崎竜之介

【屋号】山崎屋
埼玉出身
「赤ひげ」「唐茄子屋」
白稲荷法印
姉川新之輔

【屋号】鯉屋
群馬出身
「赤ひげ」他
会津客蝋九
錦屋小兵衛

松涛喜八郎

「深川安楽亭」「煙が目にしみる」他
刷毛の弥五郎
中嶋宏幸
福井出身
「旅の終りに」「左の腕」「さぶ」他
講中市兵衛
帳紙屋五郎九郎

栗沢 学

「さぶ」「赤ひげ」他
徒士水島左近
嘉右衛門

亀井栄克
兵庫出身/「三人吉三巴白浪」
お待ち
下さい
参拝人/馬子他
鈴木 大
大坂出身
「天平の甍」他
お待ち
下さい
講中左次郎他
上滝啓太郎
福井出身
「旅の終りに」「左の腕」「さぶ」他
芸者小菊
小林祥子
長野出身
「旅の終りに」「深川安楽亭」他
妹・おかち
横澤寛美
福島出身
「ホモイの涙」「左の腕」「さぶ」等
茶見世女房
おかん

紫野明日香
京都出身
「おれの足音」他
仲居おさだ他
江林智施
大分出身
「ホモイの涙」他
お待ち
下さい
花車おとり他
瀬川寿子
神奈川出身
「およどん盛衰記」等

  ◆関連サイト

Tempesta/嵐広也さんの公式サイト
夢見ることを過ぎても 松涛喜八郎さんのホームページ
なかじページへようこそ! 中嶋宏幸さんのホームページ
近松門左衛門でござ〜い! 近松門左衛門の研究サイト
近松会ホームページ 近松門左衛門の関連サイト
広済寺と近松門左衛門 近松門左衛門の関連サイト

TOPICS
 ◆講演会「歌舞伎の魅力を熱く語る」
  
講  師 嵐 広也氏
日  時 4月23日(土) 午後6時半〜8時
会  場 国際交流センター
参加料 無料
※みたい会会員だけでなく、一般の方も参加できます。みたい会事務所で参加券を配布しておりますので、ご希望の方はお問合せ下さい。


  ◆徳庵堤茶見世の場(上の巻)


大坂天満の油屋河内屋与兵衛(嵐広也)は、曽根崎新地や新町の遊廓に入り浸っている道楽息子である。

与兵衛が馴染みの遊女・小菊(小林祥子)は、会津の客蝋九にあげられて、朝早くから野崎詣りに・・・。

腹を立てた与兵衛は、遊び仲間の刷毛の弥五郎(栗沢学)を誘って彼らの帰りを待ち伏せ、

喧嘩になり、蝋九に向かって投げた泥が、主君の代参で通りかかった侍の衣服を汚してしまう。

たまたま供の侍は、与兵衛の伯父山本森右衛門(藤川矢之輔)。たとえ甥でも許せぬと、与兵衛を斬り捨てようとするが、代参の侍の情けで救われる。

参詣の帰りにはきっと首を討つという伯父の言葉に、うろたえ弱りきっているところへ、町内は筋向いの同業、油屋豊島屋の女房お吉(今村文美)が来合わせる。茶店の奥でお吉は泥だらけの与兵衛の着物をすすいでやるのだが・・・。




  ◆河内屋の場(中の巻)


河内屋の主人徳兵衛(小佐川源次郎)は番頭あがり。
先代の内儀だったお沢(西川かずこ)と夫婦になり、河内屋をもりたててきた。

徳兵衛の遠慮をよいことに、なさぬ仲の与兵衛は放蕩三昧。

伯父の森右衛門に頼まれたと偽っては金をせびり、妹おかち(横澤寛美)の口を介して、河内屋の世帯を渡せと迫る。

はねつけられると、与兵衛は徳兵衛を足蹴にかけ、実母お沢までも打ちすえる・・・。



  ◆豊島屋の場(下の巻)


徳兵衛夫婦から勘当された与兵衛は、口入の錦屋小兵衛門から謀判で借りた金の返却に窮していた。

与兵衛は、以前自分をかばってくれた豊島屋のお吉を訪ねる。

折から勘当はしたものの、息子の身を案じる徳兵衛とお沢は、互いに隠れて豊島屋を訪ね、与兵衛に渡してくれと小遣いの銭八百匁を預けてゆく。

立ち聞きしていた与兵衛は、両親の情に心打たれるが、借りた大金は今夜中が期限。何としてでも返さなければと、お吉に金の借用を強いるが厳しく断わられる。

と、与兵衛は持参の樽に油を一升借りたいと頼み、油断をみすましてお吉を殺害。有り金を奪い、油まみれ血まみれで逃げ去る・・・。


  ◆大詰・逮夜供養の場(下の巻)

壮絶な殺しの場面で終わることが多い「女殺油地獄」ですが、今公演は“逮夜供養の場”まで演じます。与兵衛はどうなるのか!?お楽しみに!




  ◆女殺油地獄 History

近松門左衛門69歳、最晩年の作品で文楽(人形浄瑠璃)の為に作られた。
初演は、享保6年(1721)大坂竹本座。
長らく上演が途絶えていたところ、坪内逍遥らの研究もあり、明治42年に歌舞伎として初上演。昭和27年にラジオ放送され、昭和37年に文楽として復活を遂げる。

初演から280年たった今も、その現代性において群を抜いており、近松門左衛門・世話物の名作として繰り返し上演されている。



  ◆映画、テレビ、舞台(主なもの)
製作年 監督 出演
1924年(松竹蒲田) 野村芳亭 諸口十九、柳さく子
1928年(帝キネマ) 佐藤樹一路 嵐班蔵、松枝鶴子
1957年(東宝) 堀川弘通 中村扇雀、新珠三千代
1984年(NHK) 和田 勉 松田優作、小川知子、山崎努
1992年(松竹) 五社英雄 樋口可南子、堤真一、長門裕之、石橋蓮司、琢己辰郎、藤谷美和子
2004年(シアターアプル) 雀 洋一 賀集利樹、真中瞳、伊藤高史他


近松バイオレンス「女殺油地獄」
血まみれの熱情

松田優作が演じる
与兵衛

妖艶な演技の樋口可南子



  ◆近松門左衛門(本名:杉森信盛) 1653年−1724年


◆日本のシェークスピア
近松門左衛門
【近松門左衛門の人物像】
1653年
京都に生まれる(出身地は諸説がある)
1671年
山岡元隣編「宝蔵」に句が掲載される
1677年
宇治加賀掾(かがのじょう)のもとで浄瑠璃作家となる。特に世話物では,封建社会の中で義理と人情にしばられた人々の苦悩や愛情のからみあいを描き当時の人々の心をとらえた。
◆浄瑠璃 110余編、歌舞伎脚本 30余編を書き、日本最大の劇詩人といわれる。
◆代表作 「国性爺合戦」「心中天網島」
       「曽根崎心中」「女殺油地獄」など


  ◆豆知識

 徳庵堤
 とくあんづつみ
現在の大阪府東大阪市にあった寝屋川の堤
 油屋 錦実油・種油・魚油・胡麻の油・荏の油などを商った
 新地・新町 ともに遊里の地名。新町は各地に散在していた遊女を寛永年間に大阪市西区新町通りに集めて公許の遊廓とし、新地は大阪駅の南、堂島川の来たにあたり、宝永年間に新しく開かれた。
 蝋九(ろうく) 蝋燭屋九郎の替名か。会津は蝋燭の産地だった。
 野崎詣り 現在の大阪府大東市野崎にある野崎観音(福寿山慈眼寺・行基作と伝えられる十一面観音がある)へ参詣すること。
 町人の階層
 について
広義の町人とは、士農工商のうちの職人と商人をさしたが、厳密には町内に家屋敷を所有するものにしか町人の資格は与えられず、地借人や店借人は町人以下の身分であり、当然町政への参加権もなかった。
江戸では町内の住民を地主、家主、地借人、表店借人、裏店借人、大阪では家持ち、家守、借家人などに区別し、この身分差は大変にやかましいものだった。
 勘当 完全に親子の縁を切る場合を重勘当(本勘当)、戸籍は消さないが町役人までは届ける準重勘当、非公式の軽勘当(内証勘当)の三種がある。
軽重は当人の行状の程度に影響されるが、多くは不品行や浪費が原因である。
 口入(くちいれ) 金銀貸借の仲介人のこと。
 謀判 印鑑を偽造すること。またその印形。
 町年寄・五人組 前者は町奉行に所属して名主の上にあって町内の収税や令達をつかさどる。五人組は近隣五戸を一単位とした自衛組織で、火災、浮浪人、盗賊、切支丹宗徒などの取締りを行った。
 貨幣について 「女殺油地獄」で、与兵衛の反抗の原因となる錦屋小兵衛からの借金は、吟二百匁で、金貨に換算すると三百一分余り、当時米が焼く二石八斗買えた。徳兵衛、お沢がお吉に託した銭八百は、一両の五分の一に相当し、米で約一斗七升に値した。お吉を殺して奪った金は、銀五百八十匁で金九両二分余り、米約八石に相当した。


  ◆北海道公演スケジュール

 ※釧路で観られない会員は、他団体で無料で観ることが出来ます。
 6月2日(木)3日(金)4日(土)  札幌演劇鑑賞会
 6月5日(日)  滝川演劇鑑賞会
 6月6日(月)7日(火)  旭川市民劇場
 6月8日(水)  岩見沢演劇鑑賞会
 6月10日(金)11日(土)  くしろ演劇みたい会
 6月13日(月)  江別演劇鑑賞会
 6月14日(火)  苫小牧演劇鑑賞会
 6月15日(水)16日(木)  函館演劇鑑賞会



会員、過去最高1633人 きょうから30回目例会

演劇鑑賞会の「くしろ演劇みたい会」の会員数が、30回目の例会となる歌舞伎「女殺油地獄(10・11日・釧路市生涯学習センター)を前に、前回を11日と上回る1633人に達し、過去最高を記録した。

道内には8つの演劇鑑賞会があるが、発足以来、例会のたびに会員数が増え続けているのは珍しいという。

同会は市民有志が1998人に設立し、年3作品、各1回公演でスタートした。第一線の劇団のミュージカルから歌舞伎まで幅広い演目を上演。

200人だった当初の会員数は、3年で1000人を突破し、現在は年5作品、各2回公演にまで発展した。

30回目となる今回の例会まで毎日、会員数が増えていることについて、同会の関係者は「演劇を見るだけの会ではないのが要因では」と話す。

車椅子で観劇できるように会場を工夫したり、妊娠初期の妊婦への気遣いを求めるステッカーを普及させたり、会としてまちづくり活動を続けていることで、会員の間に「お客さん」ではなく、会を支える仲間という意識ができるという。

会員が増えれば、公演回数も増やせる、遠距離の会員や高齢者が望む昼公演も実現しやすくなるため、同会では今後も活動を理解してくれる人たちを募っていく考えだ。

入会申し込みや問合せは事務局 電話0154-25-6405へ。

2005/6/10(金)


▲HOME