キャスト・スタッフ/あらすじ
朋友さん訪問(2004/1/26)
夏川さん講演(2004/2/7)
西海真理さん座談会(2004/3/9)
例会REPORT 観光ガイド
例会REPORT 交流会
For-you 季刊誌掲載
 
4月21日(水)22日(木)午後6時30分開演 生涯学習センター


■まきのかずこ
(藤崎みどり)
■水野千夏
(三田村リサ)
■西海真理
(齋藤康子)
■尾関美保
(畑 紀子)
■白井真木
(浅沼紗織)



劇団朋友 季刊誌「For-you」

女たちのジハード 釧路公演大成功!

5月15日発行の劇団朋友さんの季刊誌「for-you」に宮古運営委員長のメッセージが掲載されました。
「for-you」は、全国各地の演劇鑑賞会に配布されています。みたい会事務所にも置いてあります。是非ご覧ください。


 熱い男・元気な女


劇団、朋友の制作・夏川氏と初めて会ったのは・・・確か2年前。私達は設立後6年ほどしか経っていない。会と同様、私もちょっと若い。

だからかもしれないが、夏川氏は初対面なのに演劇鑑賞会と劇団の関係について熱く語りだす。人見知りな私は、熱すぎてちょっと引き気味だったが、徐々に「共に創る」その熱意が伝わってきた。

私達は仲間が増え、今年から例会数が増えることになった。作品を選定する中で頭に浮かんだのが「熱い男」。劇団と一緒に創りあげていく経験をしたい!
夏川氏を総会に招き、作品の魅力とともに創り上げる喜びを熱く語って貰った。

その後、主演の西海さんを招いての事前学習会&講演会。話の内容はもちろん最高だが、何よりあの小さな西海さんがパワフルに語る姿に一同圧倒された。どこからそのチカラは沸いてくるんだ・・・。

講演が終了する時には会場が不思議な一体感を得た。さすが西海「よっしゃー皆でやるぞ!」そんなイメージ。実際はそんなことを言った人はいない。

例会は仲間も増え大成功!観劇後の会員の顔は皆満足している。

特に女性は来たときよりも胸を張っているようにみえた。芝居ももちろんだが、共に創り上げた、という達成感が感動を何倍にもしたのだ。

現代は、与えられた情報を受け取るだけ、交流が希薄になっている。演劇も生モノではあるが、ただ観るだけではやはり与えられたモノになってしまう。
もちろん、この芝居は完成度が高いため、観るだけで受け取るメッセージも元気も多いが、やはり一緒に創り上げていくことで感動が大きく広がる。

劇団、そして私達の活動は、人の心を豊かにし、この国を確実に元気にしているのだと思った。


                                    くしろ演劇みたい会運営委員長 宮古 睦




 西海真理さん講演会 3/9 釧路市生涯学習センター7階 18:30〜


"扉を開けて・・・” 劇団朋友からのメッセージ

女が働くのは何か事情があって可哀想な人、と思われていた時代から、働くのが当たり前になりつつある今、一見女性が社会的で積極的な生き方をし始めているようだが、もやもやと何かが違う、何かが足りない、もっと輝く自分を見出したいと思っている人が多いのではないだろうか・・・。

そんな働く女性たちに、そして主婦達に、さらに子育てを終え、さてこれから・・・?という女性たちにも
元気のでるお芝居を作りたい、届けたい。

女性たちの、女性たちによる、女性たちのための元気の出るお芝居です。(パンフレットより抜粋)


CAST メッセージ
斎藤康子役/損保保険会社勤務入社16年目
●西海真理 これが私のジハード。人生に無駄はない・・・。多くの人に支えられ、囲まれて、康子として舞台に立つ。ひたすら感謝。
ブティックの店員役/リサの母役
●益海愛子 出産、育児、親離れ、結婚、子育て。母と子のジハードはいつの世も絶える事なく続く。肌寒いニュースの多い昨今、愛に満ち溢れたジハードを切に望む。
藤崎みどり役/損保保険会社勤務入社16年目
●まきのかずこ 新年を貫く為にはそれしかないでしょう!「ジハード」という名の飛行機が、今、飛び立つ!しっかり操縦桿を握って!
三田村リサ役/損保保険会社勤務入社2年目
●水野千夏 満天の星空を眺められる***があるのよ。この上もなく、ゴージャス!
畑 紀子役/損保保険会社勤務入社1年目
●石田まどか "愛が一番、尊いんです。そこから、全てが始まるんですよぉ”本編も、暗転中も楽しんでください。
浅沼紗織役/損保保険会社勤務入社2年目
●白井真木 「家事やらなくていい?誰がやるのよ!」稽古中、夫に言ってた私。働く妻を持つ夫よ、思いやりと協力を!以上
 ●あらすじ
 同じ損保保険会社に勤めている独身の康子(西海)、リサ(水野)、紗織(白井)、紀子(石田)、そして社内結婚をしているみどり(まきの)。

康子は、これといった目標もなく、高校卒業以来地道に働いている。
いずれ結婚するつもりでいたが、既に婚期を逸してしまった。

リサは、母のように、子供が病気でも働き続ける女には絶対なりたくない。

それには、少しでもいい条件の結婚相手を見つけ、早くOL生活を辞めたいと思っている。

ここは腰掛けで、いずれは自分の英語力を生かして世に飛び出したいと思っている紗織。

他の企業より経済的には恵まれた生活を楽しんでいる5人だが、みな毎日が飽き足りない。

安藤とのデートで結婚の夢も破れ、マンションを買う決心をする康子。競売物件をヤクザと渡り合い必死の思いで手に入れる。

康子のジハード(聖戦)が始まる。

みどりは夫の昇進と引き換えに甲府に飛ばされる。辞めてたまるものか。みどりのジハードが始まる。

リサも、紗織も、紀子も一歩踏み出した時にそれぞれのジハードが始まる。

そして展開は思わぬ方向に・・・。

細田健吾/レストランオーナー/管理人役
●小島敏彦 「女たちのジハード」は新しい世紀に向かって戦いを始めた。私の戦いも始まった。
岡崎役/商事会社勤務
●松下 惇 2000年10月UFOを見た。生まれて初めての体験。5分間の不思議な時が過ぎ、また人生が面白くなった。現在上を向いて歩いている。
松浦正樹(八ヶ岳トマト農)/黒スーツの男(ヤクザ)
●向井 修 フー、秋も深まり、息も白くなり、鮭も上ってきた。やっぱり鍋だ。
平木淳(医師)/警察官役
●大黒和広 長身で笑うと白い歯が印象的なハンサムが現れる。それが平木である。それが今、汚い服で髭顔のムサイ男が現れる。何故?Why?
パンチパーマの男/上野・田端・大塚
●小宮山 徹 「女たちのジハード」役者も転換も、THE HARD(ジ・ハード)
 「女たちのジハード」舞台化によせて●篠田節子

●篠田節子プロフィール

東京都八王子市生まれ。
東京学芸大学学校教育科卒業後、八王子市役所に勤務。その傍ら、文章教室に通い執筆を始める。
1990年、「絹の変容」で第3回小説すばる新人賞を受賞。以後、書き下ろし長編、短編にと精力的に、かつ緻密な執筆活動を続け、ミステリー、ホラー、の分野で独自の境地を開く。
主な著書「聖域」「夏の災厄」「カンタン」「ハルモニア」「ゴッサイタン」で山本周五郎賞、
「女たちのジハード」で第117回直木賞を受賞。

「女たちのジハード」は、私が94年春から96年夏まで約2年間かけて少しずつ書いたものです。

ポストバブルの時代からどん底不況へ、決して良くはない企業環境に下でしたたかに生き、旅立っていくヒロインたちの姿は、テレビやラジオでドラマ化され、コミック化される度に微妙に変貌してきました。

思いのほか可愛らしくなってみたり、けっこう色っぽくなってみたり・・・。私が生み出した彼女達が、活字の世界から飛び出し、思いがけない魅力を発揮したり、予想もしなかった活躍をしてくれるのを見るのは、何よりも楽しみです。

さて、今度は、俳優さんたちが生身で演じてくれる舞台。康子は、リサは、紗織は、どんな顔を見せてくれるのでしょうか・おおいに、スラップスティックに、そしてぶっ飛んだステージになってくれることを期待しています。(パンフレットより)



劇団朋友さん訪問 2004/1/26

1月26日、劇団朋友さんにお邪魔しました。

私が2時半近くなっても到着しないため、「これだと帰りの飛行機に間に合わないんじゃないか!?」と、やきもきしていたとのこと。

ご心配をおかけしました(^_^.)

1時間弱の滞在でしたが、いろいろ見学させていただきましたので、紹介しまーす。
●ジハードに出演する小島さん、大黒さんが稽古場にいらっしゃいました。 ●朋友さんの看板を見て、とても感激してしまった私です♪

●私の到着が遅いので、心配になって自転車で迎えに来てくれた西海さんです! ●制作の夏川さんで〜す♪2月7日の総会はよろしくお願いします! ●朋友さんの2階は稽古場になっています。「元禄・・・」の稽古が3時から始まります(^o^)

●舞台の模型。時計盤(牛の刻とか)が中央にある凝った舞台です。 ●次回公演は、3月3〜7日「元禄・馬の物言い」 ●朋友さんのオフィス。皆さん、笑顔で応えてくれましたよ♪



▲HOME