KUSHIRO ENGEKI MITAIKAI  BUNGAKUZA  RICHARD V



RichardV




CONTENTS
例会のまとめ
★江守徹さんインタビュー
STORY&LeonRubin
CAST&STAFF
リチャード三世in名古屋2003/9/19
リチャード通信
新聞掲載
シェイクスピア
相関図
北海道公演Schedule
リチャードV世をV倍感激しよう

 くしろ演劇みたい会 第21回例会
 文学座『リチャード三世』
 10月14日(火)15日(水) 18:30開演
 生涯学習センター ※託児 14・15日(事前予約制)
主演:江守 徹(EMORI TORU)
●経歴
昭和37年 都立北園高等学校卒業、同年 文学座研究所入所、41年座員
威風堂々たる迫真の演技と舞台を圧倒する明瞭な声で、他の追随を許さない文学座きっての名優。
●受賞歴
・S48年度 第8回紀伊国屋演劇賞・個人賞「『オセロー』イヤーゴ役
・平成元年度 日本アカデミー賞・優秀助演男優賞 映画『社窓』にて
・6年度 第2回読売演劇大賞・優秀演出家賞『ウエストサイドワルツ『恋ぶみ屋一葉』にて


「リチャード三世」の舞台写真が到着しました!舞台設定は現代のアジア!軍服をまとうリチャード。
斬新な演出!ますます楽しみになってきました!
撮影:飯田研紀 リチャード三世舞台写真





STORY

ランカスター家との抗争に勝利し凱歌を挙げるヨーク家の中で、背徳の炎を陰鬱と燃やすグロスター公リチャード。
「いっそのこと敵役になって、ああいうばかばかしい快楽を呪ってくれよう」

鬱屈した魂がもたらした不敵な悪党宣言がこの物語の始まりとなる。

悪辣なる奸計によりライバル達を次々に葬り去り、実兄の未亡人を声色巧に陥落せしめる。

憎悪、背任、智謀。

あらゆる背徳をその身に纏い、リチャード三世を名乗って王位簒奪の宿願は成し遂げられる。振り返れば累々と築きあげた死の山。孤独の中、やがて破滅が訪れる…。

数あるシェイクスピア史劇の中でも異彩を放つ悪徳の王リチャード三世。これまで数々の名優によって演じられてきた稀代の悪党に江守徹が挑み、国際的に活躍を続ける演出家であり、互いに認め合う友人であるレオンルービンの演出により、「悪」の香り漂う至高の舞台が生まれます。(公演ちらしより)

 
ばら戦争とは? 
  Wars of the Roses


145585年、イングランド王位をめぐって、英国内がランカスター家派とヨーク家派に分かれて闘った内乱。
両家の紋章が、ランカスター家は紅ばら、ヨーク家は白ばらだったので、ばら戦争と呼ばれるようになったと言われる。


ランカスター家による王位継承は、ヘンリー4世・ヘンリー5世・ヘンリー6世と3代続いたが、
王位継承権者だった3代目ヨーク公リチャードの長男エドワードがランカスター派を打ち破り、エドワード4世として即位した。

その後再び両派による闘いが繰り返されたが、エドワード4世が争いに勝利し、ヘンリー6世はロンドン塔で殺害された。

しかし、エドワード6世の死後、王弟のグロスター公リチャードがエドワードの遺児をしりぞけて王位を奪い、リチャード3世として即位した。

一方、ランカスター派は、フランス国王シャルル8世の支援をうけるランカスター家傍系のリッチモンド伯ヘンリー・チューダーをおしたて、最後の決戦の結果リチャード3世は敗死し、リッチモンド伯ヘンリーはヘンリー7世として即位し、チューダー朝創始者となった。

そして、
86年エドワード4世の長女エリザベスと結婚し、ランカスター・ヨーク両家は統合された。
(※ヘンリー7世の息子がヘンリー8世であり、その娘がエリザベス1世)

2派に分かれて闘った貴族たちは長期にわたる内乱で疲弊し、その結果王権が強化され、イギリス絶対王政への道が切り開かれる結果となった。
 演出家 Leon Rubin
◆1954年4月22日 英国生まれ

◆カナダ・マックスマスター大学院に在籍中、RSC(ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー)の演出助手としてキャリアをスタートさせる。

当時RSCの芸術監督だった名手トレバー・ナンのもとで経験を積みフリーに。
各地で芸術監督を歴任した後、現在はロシアやタイなど国際的に活躍の場を広げている。

昨年は著名な演劇の祭典「ストラットフォード・フェスティバル(カナダ)」で「ヘンリー6世」を演出し
て大成功を収めており、地続きとなる今回の作品をどう料理するか期待は高まる。

日本では、86年「リアルシング」(文学座)、92年「間ぬけ役(銀座セゾン劇場)」を演出。両作品とも江守が主演を務めておりお互いの信頼も高い。







 
  STAFF 

ウィリアム・シェイクスピア 衣装 原 まさみ 舞台監督 寺田 修
坪内逍遥 音楽 上田 亨 制作 白田 聡
演出 レオン・ルービン 音響効果 望月 勲 制作 矢部修治
装置 石井強司 ヘアメイク 鎌田直樹 票券 松田みず穂
照明 金 英秀 ファイティングコリオグラファー 渥美 博 演出補 西川信廣、中野志朗

  CAST

グロスタリー公リチャード 江守 徹 ヨーク公爵夫人 藤堂陽子
ロンドン市長ほか 林 秀樹 アン 征矢かおる
クラレンス公ジョージ 田村勝彦 エリザベス 山本深紅
バッキンガム公 外山誠二 クラレンス公の幼い息子ほか 上田桃子
ヘイスティングス伯 石川 武 暗殺者ほか 藤川三郎、石橋徹郎、城全能成
エドワード4世 岡本正巳 貴族・兵士、市民ほか 横山祥ニ、櫻井章喜
リヴァース伯アントニーウッドビル 押切英希  〃 神野 崇、植田真介
スタンリー卿ダービー伯 清水明彦  〃 川辺邦弘、佐川和正
リッチモンド伯ヘンリー 粟野史浩  〃 星 智也

★***★***★***★***★***★***★***★***★***★***★***★***★***★***★***★***★




江守 徹 林 秀樹 田村勝彦 外山誠ニ 石川 武 岡本正巳 押切英希 清水明彦
藤川三郎 横山祥ニ 櫻井章喜 石橋徹郎 粟野史浩 神野 崇 城全能成 植田真介
川辺邦弘 佐川和正 星 智也 藤堂陽子 征矢かおる 山本深紅 上田桃子






 リチャード通信 ※文学座さんから会員に向けて送られてきたものを一部抜粋してご紹介します。

 ■リチャード通信2号(抜粋) 2003/7/17  ■主演・江守徹さんの近況

さて、気になる『リチャード三世』ですが、稽古予定(前半分)の概要が決まってきました。演出家レオン・ルービンの来日が26日と迫り27日の11:00〜いよいよ稽古開始となります。2月下旬の来日時に「稽古は初日が肝心!ここでイメージなどを含めた演出プランを入念に話し合う」と話していましたので、もうすぐやってくるその日が非常に待ち遠しいです。さてこれに先駆け、22・23日とフルキャストが揃って事前に読み合わせを行うことになり、文学座の準備態勢も着々と整ってきており、こういった様子を刻々皆様にお伝えしていきたいと気合が入ってまいりました。

さて、今回の第二号では色々な状況も含めて、皆さんにご報告をさせていただきたいと思います。

今回の主役・江守徹の近況

皆様ご存知のように、テレビ等で大活躍中の江守ですが、最近は出演するバラエティー番組などでも『リチャード三世』に出演することを話し始めています。たくさんの番組に出演し活躍している江守ですから、まさに神出鬼没。どこでどんな話が飛び出すか分かりませんから、ぜひこまめに番組チェックをして些細な言動をお見逃しないよう応援してください。舞台出演などを一通り終え、また現在放映中のNHK大河
『武蔵』は8月末までの収録を来週で終えるそうです。また7月29日から三日間、「ごきげんよう」に出演し、どうやら『リチャード三世』の話も飛び出しそうだとの情報がありましたのでぜひぜひチェックしてください。稽古開始となる今月下旬に向け、江守も臨戦態勢に入ってきているようです。ぜひお楽しみに!

 次に、私のもとに寄せられる質問の中で比較的多いものに「なぜ坪内逍遙訳を使用されるのですか?」ということがあります。小田島訳や松岡訳、sc訳など数あるシェイクスピア翻訳のなかで最も原点に近いと思われるこの坪内逍遙訳。文語体の使用など確かに現代的感覚では分かりにくい所もあるのではないかと思います。この訳を使用しようと思ったのは、こんな理由なのです。

江守徹は翻訳を自ら手掛ける非常に多彩なアーティストです。しかも今回の作品は自ら関心・興味の深いシェイクスピア! 江守はこだわりの芸術家ですから、俳優としての自分が放つ台詞に納得がいかなければそれは嘘になってしまう。いくら舞台の話とはいえ、リアリティーを追求するアーティストが、それを許せるはずがありません。そこで少しでも自分なりの味付けが出来るようにこの台本を選んだということです。もちろんそれで坪内訳の真髄を損なうわけではありません。一度お読みいただいた方にはお分かりいただけると思いますが、非常に味わい深く、劇的効果の施された坪内訳の世界はそのままに活かされます。つまり今回は江守徹のアーティストとしてのこだわりと、坪内逍遙の世界観と、まさに一粒で二度美味しい、味わい深い上演台本が出来上がってくるのです!

 今回は特に海外演出家を招聘していることもあり、一体どんな作品になるのか今から楽しみで仕方がありません。このレオン・ルービンという演出家はさすがに世界を股に駆けて活躍するだけあって、濃密な世界を作り出してゆくようです。アジアに魅入られたレオン・ルービンの作品世界にはきっと我々にも身近なものが感じられると思います。ぜひご期待ください。

シェイクスピアにこだわりがある江守徹が今回初めて挑戦する「リチャード三世」。今までこの役をやったことが無いと言うのがおかしいと思えるほどに適役の江守と、熟達した演技術を誇る文学座・俳優陣の魅せる壮絶なアンサンブルにご期待くださいませ!!

 ■リチャード通信3号 2003/7/25  ■演出家レオンルービン氏より


「リチャードIII」はシェークスピア作品の中でもっとも知られている芝居の一つであるにもかかわらず、上演されることはそれほどありません。それはもしかすると、リチャードという非常にパワフルな人物を中心に話が展開されるため、この役を演じることのできるたぐい稀な俳優がいない限り、プロデューサーたちが上演するのを敬遠しているからかもしれません。幸いこの劇団には、複雑かつ危険で、予測も付かない行動に出る、邪悪なユーモアに満ちたこの人物に生命を与えることのできる江守徹というすばらしい俳優がいます。私は江守氏と過去2回、一緒に仕事をしたことがあります。そして彼のすばらしい才能を良く知っているからこそ、この作品を、ここ日本で演出することを引き受けたのです。

この点を強調するのは、この芝居には、他のほとんどのシェークスピア作品と異なり、リチャードの考えや行動が中心テーマとして大きな力点が置かれているからです。例えば「リア王」や「ハムレット」には鍵となる事柄や、中心的な人物というのは存在しますが、登場人物たちを描く大きなキャンバスの中に様々な筋やテーマがあります。もちろん「リチャードIII」の中にも、魅力的で、演じ甲斐のある役は他にもあるのですが、シェークスピアが描くこの世界の魅力は、この一人の人物が権力を握ろうとし、権力を行使する姿に集約されているのです。これは権力の座に就いた、ある暴君の行動と心理を詳細に描いた芝居なのです。リチャードが権力を手に入れようと陰謀を巡らし、あれこれと策を講じて、その権力を強化しようとするのを見て、物語に引き込まれていくのです。権力への道を突き進むその姿は、不道徳というよりも、道徳という概念を超えてしまっているのです。

しかし、驚くべきことに、シェークスピアが鮮やかに描くのは、暗い人物ではなく、生き生きとした、ユーモアあふれる魅力的な人物なのです。リチャードと観客との繋がりは強く、私たちは、リチャードが陰謀の世界で動き回るのを楽しんでいる自分に気が付いて、罪悪の念を感じてしまったり、リチャードの放つ強い生命力と喜びを感じて、彼に親しみを覚えたりするのです。この矛盾した状態がこの芝居の中心にあります。

20世紀には多くの暴君が君臨し、彼らがもたらす惨事を目撃しました。スターリン、ヒットラー、毛沢東その他多くの人物が、どこまで独裁者が思いのままに欲望を満たすことが出来るかを示しました。現在、新世紀の幕開けにあって、同様の道筋を進む人物たちを目の当たりにしています。サダム・フセインや金正日などが頭に浮かびます。権力を渇望する人物を見事に描いているという点で、シェークスピアは過去と同様、現在に通じる劇作家なのです。今回の公演では、リチャードが権力の座までの道のりを歩む姿を見、図らずも楽しむことになると思います。その中で、このドラマの背景として、過去と現在が溶け合い、ヨーロッパとアジアが溶け合うことを期待します。








  人物相関図






 
 シェイクスピア Shakespeare
◆1582年・18歳のとき8歳年上のアン・ハサウェーと結婚。

◆1591年・27歳、処女作「ヘンリー六世・第二部」「ヘンリー六世・第三部」を発表。新進の劇作家・俳優・詩人として話題になり、以後「リチャード三世」「ロミオとジュリエット」「夏の夜の夢」などを発表する。

◆1599年、シェイクスピアの所属していた内大臣一座の本拠地となるグローブ座が建設され、「お気に召すまま」「ハムレット」などを発表する。

◆円熟期に入ったシェイクスピアは「オセロ」「リア王」「マクベス」などの作品を発表する。


◆1613年・49歳、ジョンフレッチャーと共作した「ヘンリー八世」が最後の作品となる。

◆1616年4月23日、故郷のストラットフォードで死去、52歳。
 

◆1564年4月23日、イギリスのストラットフォード・アポン・エイボンの皮革商の家に生まれる。
  リチャード三世を演じた俳優たち シェイクスピア作品を分類すると…

◆世界史上最大の劇作家シェイクスピアの作品は全部で37篇あり、大きく六つのテーマに分類されています。

1.喜劇
「じゃじゃ馬ならし」「夏の夜の夢」「から騒ぎ」
「十二夜」

2.歴史劇
「ヘンリー六世・八世」「リチャード二世・三世」

3.悲劇
「ロミオとジュリエット」

4.四大悲劇
「ハムレット」「オセロ」「リア王」「マクベス」

5.喜劇の中にも暗さを落とした問題劇(問題喜劇)
「終わりよければすべてよし」「尺には尺を」

6.ロマンス劇(悲喜劇)
「冬の夜話」「テンペスト」

人間の喜怒哀楽が会話の妙味とともに巧みに描かれており、全てのドラマの原型と要素がシェイクスピアの作品に潜んでいます。

1997年 無名塾
仲代達也

2000年メジャーリーグ
大地康雄

2003年12月ホリプロ
市村正規

1996年映画
「リチャードを探して」
アルパチーノ

1955年映画
ローレンスオリビエ

1995年映画
イアン・マッケラン





 
  北海道公演スケジュール 

10月14日(火) くしろ演劇みたい会 10月20日(月) 旭川市民劇場
10月15日(水) くしろ演劇みたい会 10月21日(火) 旭川市民劇場2
10月17日(金) 江別演劇鑑賞会 10月24日(金) 苫小牧演劇鑑賞会
10月18日(土) 滝川演劇鑑賞会 10月25日(土) 函館演劇鑑賞会
10月19日(日) 岩見沢演劇鑑賞会 10月26日(日) 函館演劇鑑賞会





▲HOME