SHIGEYAMA−SENGOROUKE−KYOGEN



作品紹介
茂山千之丞さん
 Interview
狂言のいろは

茂山狂言会「唐相撲」

茂山家訪問




●茂山千之丞さん
    2002/8/27 PM6:00〜

釧路公演初日の直前、茂山千之丞さんが、会員の八柳さんのインタビューに答えてくださいました。

「開演30分前の、そんなギリギリの時間で大丈夫?」というみたい会の心配をよそに、千之丞さんは、落ち着いた様子。

さすがお豆腐主義だ。
(^o^)


八柳 わたしは、子どもの頃から狂言を見たいと思っていましたので、今回、くしろ演劇みたい会の例会で、狂言の作品が上演されると知り、ぜひともみたい会の活動に参加して楽しみたいと思い今日を迎えました。

初めて見るので、とても期待しています。まず、初めに狂言との出会いについて、お話をお聞かせ頂きたいのですが。

千之丞 わたしは、たまたまその家に生まれてしまって、気付いたら狂言をやっていた、ということなのです。

物心がつく前からやっていましたので、初舞台の記憶がないのです。初舞台は数えで4歳、すなわち2歳8ヶ月でした。その家に生まれなければ狂言をやっていなかったかもしれません。まあ、言ってみれば家の中に狂言があり、偶然その中にいたということですね。


 
今回の演目には「主人」と「太郎冠者」の関係の狂言が二つ出てきますが、現代のサラリーマン社会に置き換えて見ると実に良くわかると思います。
  
●使う者はいかに使われる者を効率よく働かせるか、
使われる者はいかに楽をして仕事をうまくこなしていくか。男は浮気をしたいし、女はそんな男をしっかりと掴まえていたい―まさに今の社会と同じです(笑)

八柳 狂言には、題材もストーリーも色々あると思います。今日わたしは初めて狂言を観るのですが、表現者として観客に特に伝えたいことなどありますか。

千之丞 お客様にはあまり先入観なしに見ていただきたいのです。

皆さん色々な劇団が来られる時、予め勉強されることもあるかと思いますが、そういう方でもTVドラマを見るときには勉強されないでしょう?

それと同じように狂言を観ていただきたいのですよ。狂言をあんまり難しいと思わないで楽しんでいただきたいのです。難しいと思われたら、狂言のほうが、かわいそうですよ。楽しんでみて貰えるのが一番いいのです。

ご覧になる方々に狂言に“格式”を押し付けられると困るのです。ただ、古典には違いないのですから。中世の終わり頃の言葉でしょうから。しかし文語体ではなしにいわゆる話し言葉ですから、今使われている言葉とはあまり違いが無い。

しかしところどころ現在では使われていない言葉、いわゆる死語が出てくるから、その辺で少し分かり辛いかもしれません。しかし、言葉だけでは分からなくても、いわゆる所作が入りますから、大体わかるはずだと思います。

そして狂言は中世の社会スケッチなのですね。その当時の風習とか社会のしくみとかには、今は違いがありますから、そういった点で分かりにくいかも知れません。しかし、今日の場合は解説を加えてポイントだけを伝えることで理解の助けになると思います。

今回の演目には主人と太郎冠者の関係の狂言が二つ出てきますが、現代のサラリーマン社会に置き換えて見ると実に良くわかると思います。

使う者はいかに使われる者を効率よく働かせるか、しかし使われる者はいかに楽をして仕事をうまくこなしていくか。そして、男は浮気をしたいし、女はそんな男をしっかりと掴まえていたい―まさに今の社会と同じです(笑)。

昔笑った人々の笑いを今、われわれが笑っているわけでしょう。いわゆる昔の現代劇ですから、現代劇としてみてもらえばよいわけです。


八柳 年間に随分多くのステージをこなしていると思いますが。

千之丞 私たちは、歌舞伎とか新劇の劇団のように一定の期間同じ演目を上演しているわけではなく、毎日毎日違うところで、レパートリーの中から、毎日毎日違う演目をやっています。

むしろ今回のような(演劇鑑賞会の例会で、同じ演目を通して演じる)ことは少ない。そして、若い人で、年間のステージ数は
500、私たちくらいになると250位です。

舞台のない日でも、後進の教育とか、一般人でも趣味として狂言を習う人もいるので、その稽古に携わっているため、今年に入って休日は3日なのですよ。(一同えーっ、サラリーマンよりずっと働いている、の声)
●年間4日の休日しか取らない千之丞さん!
凄すぎます

その休みには、お伊勢参りに行ってきました。今年もあと決まっている休みは、12月28日です(+_+)


八柳 そんなに仕事がびっしりでは、健康管理が気になるところですが。茂山さんの方々は、煙草を嗜まれる方が多いとか…

千之丞 わたしは、25年前に止めました。そのかわりお酒は、毎日飲みます。飲まない日はない(笑)。

八柳 でも、休肝日とか…?

千之丞 以前、休肝日を取っていたことがあります。しかし、その時に、ちょうど大病をしまして、胃を手術したのですよ。

養生している時に思ったのが、休肝してお酒を飲まなかった日がもったいなくってもったいなくって。健康を取り戻してから、お酒は毎日飲むようにしています。
昔ほど飲めなくはなりましたが(笑)。
●お酒が人生のたのしみ?調子が悪い日でも飲むそうです。(^o^)

八柳 お酒が人生の楽しみなのですね。それでは、最後に釧路の印象をお尋ねしたいのですが。

千之丞 わたしは、釧路へ来るのが初めてなのです。山本安英さんの「夕鶴」の与ひょうで、全国514ステージを上演しました。山本さんがお亡くなりになりまして14年になりますが。

「夕鶴」の公演では、北海道へ3回来ました。稚内まで来ましたが、室蘭から東への公演はありませんでした。

このあたりは、景色が北海道らしいですね。平原とか湿原が広がって。そして、近代の人が造った街という印象があります。合理的な良さがありますね。

八柳 今日は、お忙しい時間の中ありがとうございます。これから狂言の舞台を充分楽しませていただきます。

千之丞 今日は笑ってください。笑って頂かないとやりにくくて…(笑)

みたい会一同 ありがとうございました!



▲HOME