シューマンの優しく美しい名曲と歌声に癒され、
熱く切ない芸術家達のドラマが胸に迫る−

カトケンが自信を持って贈る濃密かつ贅沢なステージ!

CAST 加藤&畠中インタビュー 交流会 お出迎え 例会運営
加藤健一
KATOH KENICHI

1949年10月31日
静岡出身
特技:ギター、歌

高校卒業後、半年間のサラリーマン生活を経て、1970年劇団俳優小劇場の養成所に入所。その後、劇団新芸を結成しその上演を続けつつ、劇団つかこうへい事務所の作品に出演していた。1980年に一人芝居「審判」を上演するため加藤健一事務所を設立。以降現在に至るまで年間3〜4本のペースで東京の本多劇場を中心に活発に演じ続けている。また1986年には加藤健一事務所俳優教室を開設し、若手俳優の育成にも力を入れている。
■映画
「八甲田山」「麻雀放浪記」「時代屋の女房2」
■TV
「金曜日の妻たちへ」「思い出づくり」
■舞台
「蒲田行進曲」「熱海殺人事件」「エキスポ」他
畠中 洋
HATANAKA HIROSHI


1966年1月9日
特技:スキー、柔道、歌、ダンス

高校生の時に芸術鑑賞会で観た芝居に感激して役者を志す。高校卒業後上京し「南極物語」の西田敏行さんにひかれて青年座の研究所を受ける。1988年ミュージカル劇団「音楽座」に入団以降、数々の作品の主役を務める。劇団解散後、歌唱力を生かし多くのミュージカルに出演。ケイファクトリー所属。みたい会では第9回「ザ・キッチン」以来2度目の来釧。
■TV
「銃口」「氷の世界」「サラリーマン金太郎2」「ナースのお仕事4」他
■舞台「天翔ける風に」「とってもゴースト」「アイ・ラブ坊ちゃん」他

製作の長谷ちゃん♪厚岸の牡蠣は最高〜

第37回例会「詩人の恋」 2006年11月17日-18日 18:30〜20:45 生涯学習センター
 
■11/16、たった1人で金髪をなびかせて釧路駅に到着した加藤さん。運営サークルに抱きつかれて、熱い思いを受け止めてくれました。
■夜9時、畠中さんを含めた9名の皆さんが到着。まさか夜もお出迎えに来てくれるとは思わなかった畠中さんはビックリ!
?
■お2人へ「ラブレター集」をプレゼント。「大好きです!!」熱い思いが綴られています
  
 ■対面式(11/17)
 ■加藤健一&畠中洋サイン会
加藤さんが、会員と直接触れ合う場にしたいと、みたい会初のサイン会を開催!80名の人がパンフレットを購入し、加藤さん、畠中さんと握手を交わしました。
●偽者の加藤&畠中登場!? ●E-35まお&恵美ちゃん感激〜
●佐藤さんは、この晩きっとお風呂に入らなかったと思います(笑) ●D-16中川さん、C-1宮尾さんは「私の人生の中でNO1」と興奮していました
 
●来年の高校生運営活動に参加する福居さん、市川さん、浪波さんです
 
 ■インタビュー
●加藤さんの大ファンの佐藤さんは、汗をふきふき(笑)「思い出づくり」の時から、ずっと好きでした」「詩人の恋を前例会クリアで迎えることができて良かった」
 
 
●「僕は対面式は初めてなんですよ。何だか、やくざの盃を交わすみたいで楽しいですね」と加藤健一さん
 ■交流会in四季彩(11/17)
●5年ぶりに夫婦2人サークルから3人に成長したアカシヤサークルも喜びイッパイ●根室の花咲ガニ。味が濃くてメチャ旨です!●お寿司、オードブル、飲み放題と超豪華!
●交流会は予定時間をオーバーして23時半まで楽しみました!(毎回のことですが(笑))今年最後の例会も最高でした!
畠中さんは自分のバッグの中から「くしろマップ」を取り出し「僕はまずこの観光マップに感動しました!とってもわかりやすくて、どこも行きたくなる店ばかり。うちの事務所の川平慈英も載ってたりして(笑)何十年も芝居をやっていて初めてのことでした。昨日の晩のお出迎えといい「皆さんは見る側の人なのに、この熱いエネルギーは何だ!感動しました。僕ら、普段は商業ベースの芝居をしていますが、何て言ったらいいのか、芝居って、こうして支えあって盛り上げてくれる人がいるから僕らは演じることが出来るんだって思いました。本当にありがとう!」
●加藤さん「みたい会は前向きで勢いがあるなって感じます。僕は毎日夕日を見ているし、浜番屋、まるひら、炉ばたも行きましたよ♪勝手丼はイカが美味しかったし♪役者もともすればマンネリ化するのに、みたい会は9年間もクリアを続けて、本当に素晴らしい会だと思います。一番大切なことは遊び心が大切。釧路に来て僕は初心を思い出しました。いつまでも楽しんで活動してほしい。クリアおめでとう!
●G-18紺野サークルは、5名の新入会を迎えるというサークル目標を作り達成しました!
●加藤健一事務所、俳優教室の東さん、うとさん(開演前の前説を担当した元気の良い女の子)、長原さんの3人も「こんなに元気な会員さんに驚きました。今度釧路に来るときは役者で来ます!」


■加藤健一さんの観光案内
運営サークルとの交流をとても楽しみにしていた加藤さん。健康管理に気をつけ、夜の交流会は食事を控えていましたが「夜食べると太るから我慢しているけれど、お酒も魚も大好きなんですよ〜、と、和商市場でもおなかいっぱい勝手丼をほおばっていました。さらに、「今日の公演前に、まるひらで塩ラーメンを食べて、その後3日連続で釧路の夕日を堪能し、公演終了後は「炉ばたの炉ばた」に行こうと思っています。」と予定まで教えてくれました(^^)

●花時計からMOOの対岸をてくてく散歩しながら ●石川啄木の港文館に到着。佐々木さんが館内案内 ●啄木百人一首や、人形に注目する加藤さん ●ここにしかない「石炭アイス」三層になっていて、お味は?

●幣舞橋に来ると「ここで写真を撮る?」と加藤さんからリクエスト! ●美川憲一の「釧路の夜」をフルコーラス聴き入る加藤さん ●ご当地ソング巡り?(笑)水森かおり「釧路湿原」加藤さんはいい人ですね ●MOO館内にある「ミニミニ水族館」にも興味を示し、指で魚を追う姿が少年のよう(笑)

  ●子ども遊学館でプラネタリウムを見たいなあと思いつつ幸町公園へ。元はここが釧路駅 ●やっと和商市場に到着!驚いたことに加藤さんは大の「イカ好き」何と2折もペロっと食べちゃった ●E-23船木さん、E-15前田さん、E-35高野さん、高校生運営委員の酒井さん、中田さんも、加藤さんの気さくな人柄

●舞台監督、研究生の4人でカニを一杯買って食べ散らかしていました(笑) ●今は秋鮭の季節。市場調査に余念がない!加藤さんは魚好き。お歳暮にいかがでしょうか ●地ビールチェックも抜かりない!お酒も好き ●カニチェック!昨日の交流会は花咲きかに。これは毛がに。

●今日の加藤さんのジャケットは「カニ色」。金髪&ヒゲというワイルドな風貌に、いつもは威勢のいい市場のおば様も恐る恐る声をかけていたような・・・(^^) ●1万尾に1つと言われる幻の鮭「鮭児(ケイジ)」に対面!1尾50000円也。肌がキラキラ輝いて若いなあ。 ●予定時刻をオーバー。2時間半の観光案内。加藤さんは普段1時に稽古場に入りますが、釧路では日が暮れても帰ってこなかったそうです(制作談)