劇団 東京ヴォードヴィルショー
その場しのぎの男たち
 脚本:三谷幸喜  演出:山田和也

くしろ演劇みたい会第22回例会
その場しのぎの男たち
2003年12月10日(水)11日(木)
18:30〜20:30(休憩なし)
会場:釧路市生涯学習センター
託児:10・11日(事前予約制)
1992年に初演、94年に再演されたポリティカル・コメディ(政界喜劇)の大傑作!今回のリメイクにあたり、三谷幸喜氏が筆を入れるだけでなく、山田和也氏を演出に迎えてさらにパワーアップ!

三谷幸喜氏曰く
「風刺、というと訳知りの顔の劇作家による辛口の芝居、といったイメージが浮かんできますが、そんなもんじゃないコメディが書いてみたかった。『社会風刺』はこの際、端っこに寄せて、『人間賛歌』の政界喜劇がやってみたかったのです」


  
■画像をクリックすると、プロフィールがご覧になれます
 CONTENTS
 キャスト
 あらすじ
 三谷幸喜
 北海道公演スケジュール
 出演者関連サイト
 ■佐藤B作さんミニインタビュー2003/10/24
 例会のまとめ

■会員の皆さんへお願い

生涯学習センター駐車場の収容台数が少なくなり、相当の混雑が予想されます。会場へは、乗り合わせや公共交通機関によるご協力をお願いします。



 CAST

松方正義(内閣総理大臣 佐渡 稔 ミツ(同・女中) 金澤貴子
西郷従道(内務大臣) 瀬戸陽一郎 同・女中 市瀬理都子
青木周蔵(外務大臣) 市川 勇 同・女中 フジワラマドカ
後藤象二郎(通信大臣) 石井愃一 向畑治三郎(人力車夫) 増田由紀夫
陸奥宗光(農商務大臣) 佐藤B作 巡査 村田一晃
伊東巳代治
(枢密院書記官長)
たかはし等 津田三蔵(巡査) まいど豊
櫻庭博道
前田(常盤ホテル支配人) 大森ヒロシ 津田きを(三蔵の妻) あめくみちこ
同・ボーイ 中田 浄 伊東博文(元老) 山本龍二
同・ボーイ 阿部英貴
亀山乙女(同・女中) 山本ふじこ




 三谷幸喜の傑作コメディ!9年ぶりにリメイク

昭和24年5月11日朝、大津市の路上で来日中のロシア皇太子ニコライが巡査・津田三蔵に襲われる。
世に言う「大津事件」である。

わずか組閣5日目の松方正義内閣にとって日本の命運にかかわる大ピンチは汚名返上の千載一遇でもあった。

内相・西郷従道、外相・青木周蔵、通信大臣・後藤蔵二郎と共に無い知恵を絞って編み出す「その場しのぎの対応策」は、打つ手打つ手が

面白いように外れていき、そこに農商務大臣・陸奥宗光、伊東博文とその右腕・伊東巳代治が加わり、ますます混乱の深みにはまっていく。

かたや冷徹なまでに日本の政治に命を懸ける伊藤博文と、かたや気のいいばかりでどうしても一流になりきれない三流政治家松方正義とその仲間達の生き方の違い。

明治という時代を背景に、世界の海に日本という小舟を漕ぎ出した男達の滑稽して懸命なチャレンジストーリーの顛末は。果して…?




 尊敬する人、佐藤B作 − 三谷幸喜

佐藤B作さんの何が凄いかというと、まずはやはり、その演劇にかける情熱だ。

お会いする度にB作さんは言う。「おもしろい芝居がやりたいねえ」
どうもカレの頭の中には、女のこと以外はそれしかないようだ。

この春(94年)、B作さんに、僕の劇団の公演に出演していただいた。

稽古場のB作さんは、まるでどこかの劇団の養成所の1年生のように熱心であった。出番のない時でも、他の役者の芝居を食い入るように見つめるB作さん。隙あらば何か盗んで帰ろうという、その貪欲な姿勢に、うちの若い役者たちは震えあがったものだ。

そのときのB作さんは、芝居の大半舞台裏にいて、客席には声だけが聞えると言う役柄だった。

顔が見えないので、録音にしましょうかと提案すると、B作さんは激怒してこう言った。「録音では臨場感が出ない。俺に気を使ってそういうことを言ってるんなら、大きなお世話だ。舞台に顔が出ていなくても、俺は役者だ。そんなところで手を抜けるかっ。馬鹿者っ!

まさに役者魂を見たような気がした。僕が、自分の劇団を30年間充電させることを告げるとB作さんは言った。

「俺は納得出来ん。芝居は続けないと意味がないんだ。俺は認めない。断固として認めないっ。馬鹿者っ!」長々と説教され、その時ばかりは、(なんてこうるさい爺だ)と思ったものだ。

やはり根っからの演劇青年なのだろう。

B作さんで腹が立つことがある。僕は今、この文章をワープロで打っているのだが、「B作」というようにアルファベットと日本語が入り混じった単語を打つのは、とてつもなく面倒くさいのだ。

経験のある方は、おわかりだろう。単語を登録しても良いのだが、そこまでするとB作さんに屈服したみたいで、どうも悔しい。だからいちいち「ひらがな」と「英語大文字」のキーを駆使して、「B作」という文字を打ち出している。

気になるのはそのくらいだ。
僕はおそらくB作さんの息子さんの次に、B作さんのことを尊敬している。




 北海道公演スケジュール
12月10日(水) くしろ演劇みたい会 12月16日(火) 旭川市民劇場
12月11日(木) くしろ演劇みたい会 12月17日(水) 旭川市民劇場
12月13日(土) 江別演劇鑑賞会 12月18日(木) 苫小牧演劇鑑賞会
12月14日(日) 滝川演劇鑑賞会 12月19日(金) 函館演劇鑑賞会
12月15日(月) 岩見沢演劇鑑賞会 12月20日(土) 函館演劇鑑賞会



 リンク
東京ヴォードヴィルショー 東京ヴォードヴィルショー公式サイト
三谷幸喜&東京サンシャインボーイズデータバンク
三谷幸喜作品オフィシャルサイト
石井愃一さんのページ http://www5.kannet.ne.jp/~ono-ap/index66.htm



▲HOME