演劇鑑賞会
くしろ演劇みたい会
Last Update 2019/12/21

みたい会ニュース11,12月号 へ


思い出の作品たちへ

●みたい会ニュース11月号が不手際でアップ
されていませんでしたので12月と合わせてアップしました

●2020年リーフレットができました。

●「集金旅行」例会報告は少しお待ちください。

祝!第101回例会「八月に乾杯」が終了しました


、私たちが担当します。


お出迎え。合わせて160歳のお二人はみたい会例会の常連さんです


そしての搬入。「これなんだろね?もしかして回り舞台?


みたい会恒例ケータリング。いつもながらおいしそう。


制作さんのご挨拶と説明


あ〜、星空はこうなってたんだ。・・・こわさないでよ〜(笑)
 
●会費は前納制です。毎月20日〜31日までに来月分を納めましょう !



くしろ演劇みたい会は
高校生大学生の若い力を育てます。
年1回学生招待例会を行っています。
 Information                   ▼ 次回の作品は ▼       2019年例会


運営担当サークルスケジュール

――全体スケジュール――

事務所お休み予定

103回目例会
「燦々」

てがみ座

2020年
2月19日(水)
午後6:30開演


 
釧路市生涯学習センター
大ホール


長田育恵・脚本
扇田拓也・演出
出演・前田亜季・酒向芳他

江戸後期、黒船が太平の眠りを覚ます少し前―。
お栄は鬼才の絵師・葛飾北斎を父に持ち、物心つく前から絵筆を握ってきた。幼いころから北斎工房の一員として、男の弟子たちにも引けを取らずに、代作もこなし枕絵も描いてきた。けれど本物の絵師になりたいと肝を据えたとき痛感する。北斎の影から逃れ、自らの絵を掴むには、女である自分を受け入れ、見つめなくてはならないと。折りしも出島からシーボルト一行がやってきて北斎工房に大量の絵を発注する。100枚の肉筆画を西洋の画法で描くようにと。絵師たちに新たな風が吹きつける。お栄は、自らの光と闇を見出そうと挑んでゆく・・・・。
北斎の異才を受け継ぎ、のちに「夜桜美人図」「吉原格子先之図」を描き出すお栄
(応為)、その青春期の物語。
さらに男女の綾を色濃く織りなす、3年ぶりの改訂再演!

 
3月2日(水
劇団文化座
「三婆」
作・有吉佐和子
演出・西川信廣
出演・阿部敦子・佐々木愛・有賀ひろみ他
4月12日(金)
NLTプロデュース
ミュージカル
「O・G」

作・まき りか
演出・本藤起久子

出演・旺なつき・
阿知波悟美
ピアノ・村井一帆
第100回例会
6月15日(土)

テアトルエコー
「もやしの唄」
作・演出・小川未玲
出演・根元康彦・吉川亜紀子・松澤太陽・他
9月13日(金)
劇団俳優座
「八月に乾杯」
作・A・アルブーゾフ
訳・演出・袋 正
出演・岩崎加根子
小笠原良知
12月3日(火)予定
劇団民藝
「集金旅行」
作・井伏鱒二
脚本・吉永仁郎
演出・高橋清祐
出演・樫山文枝・
西川明・他
  
〒085-0017 北海道釧路市幸町12−2−18レジデンスウエダ105号 TEL/FAX 0154-25-6405 
受付時間 月〜金 10:00〜19:00  最終土曜 10:00〜13:00  土曜・日・祝日 休
メールはこちらまで mitaikai946256405@nifty.com