演劇鑑賞会
くしろ演劇みたい会
Last Update 2020/3/18

みたい会ニュース2020年3月号 へ


思い出の作品たちへ

●2020年会員証ができました。


●新型コロナウィルスへの対応について

※会員証、イヌのあだ討ち座席シールをサークル長
さんが配布する際、上の文書も同時配布します。

●「燦々」例会報告アップしました。

第103回例会「燦燦」が終了しました


、私たちが担当します。


横断幕も


相関図も・・それにしても絵が上手!。


新入会ボードも準備して、日増しに増えていきました。


そしてのお迎え。皆さん初めての釧路!


そして準備万端の皆さん。あら、この時から結構マスクさんがいましたね。


皆さん舞台を思い出してください・・廻り舞台のからくりはバラしで徐々に!


そしてみんなでまわして遊び・・いや搬出手伝いをしました(笑)

●会費は前納制です。毎月20日〜31日までに来月分を納めましょう !



くしろ演劇みたい会は
高校生大学生の若い力を育てます。
年1回学生招待例会を行っています。
 Information                   ▼ 次回の作品は ▼       2020年例会はリーフレットで


運営担当サークルスケジュール
3回目の集まり2/28(金)
4回目の集まり3/10(火)
5回目の集まり3/13(金)
6回目の集まり3/24(火)
7回目の集まり3/27(金)
すべて10:30からです。

――全体スケジュール――

イヌのあだ討ち座席シール発行
3/17(火) B・E
3/18(水) C・F
3/19(木) A・G・補助席D
104回目例会
「イヌのあだ討ち」

こまつ座


2020年4月3日(金)
午後6:30開演


 
釧路市生涯学習センター大ホール

井上ひさし・作
東憲司・演出
出演・大谷亮介、彩吹真央、俵木藤汰、植本純米他

時代の事実は
虚偽だらけ。
果たして、吉良上野介は本当に
悪者だったのか、
赤穂浪士は本当に
義士なのか、忠臣蔵は本当に美談なのか・・
歴史のからくりと人間のドラマ、
現代を鋭く見つめる井上戯曲の神髄が東憲司の手によって再び!

思えば、あの白髪の品のいい老人が気の毒でならぬ。
ある日、些細なことを根にもたれ、いきなり切りつけられたばかりか、
あげ句の果てに殺されて、壮大な貴種流離譚のために、
三百年間悪く言われっぱなしのあの老人を、
私はときどき手を合わせて拝みたくなる
-----井上ひさし

時は元禄十五年(1702年)十二月十五15日の七ツ時分(午前4時頃)
有明の月も凍る寒空を、裂帛の気合、不気味な悲鳴、
そして刃に刃のぶつかる鋭い金属音が駆け抜ける。
大石内蔵助以下赤穂の家来衆が、ついに吉良邸内に討ち入った。
狙う仇はただ一人「吉良上野介義央」。
ところが、やっとの思いでたどり着いた上野介の御寝間は
蛻の殻だった。上野介は、家来、側室、御女中たちと御勝手台所の
物置の中に逃げ込んでいた。赤穂の家来が邸内を二時間にわたって
、三度も家探ししていた間、身を潜めていたというあの物置で
、彼らの心に何が起こったのか。

――討ち入りから三百十八年、、歴史の死角の中で
眠っていた物語がいま、明かされる。


 
 
  
〒085-0017 北海道釧路市幸町12−2−18レジデンスウエダ105号 TEL/FAX 0154-25-6405 
受付時間 月〜金 10:00〜19:00  最終土曜 10:00〜13:00  土曜・日・祝日 休
メールはこちらまで mitaikai946256405@nifty.com