くしろ演劇みたい会第19回例会 地人会『雪国』

CAST STORY 篠田三郎さんInterview
観劇REPORT
子役よっちゃん 北海道公演Schedule


2003年2月27日・28日
生涯学習センター
午後6時30分開演


雪 国


駒子/床嶋佳子 島村/篠田三郎
葉子/佐古真弓 行男/中村彰男



原作◆川端康成  脚本◆宮本  研  演出◆木村光一


CAST STAFF
佐一郎  大原和洋 女将  二宮弘子 原作  川端康成 三味線指導  杵屋巳鶴貴
番頭  鈴木慎平 老人  丸林昭夫 脚本  宮本 研 演出助手  川畑秀樹
女中  塚本景子 消防団員T  小松たかし 演出  木村光一 舞台監督  梅山 茂
お琴  松浪志保 消防団員U  伊野智宏 装置  石井強司 制作担当  友谷達之
菊男  玉木文子 駅員  丸林昭夫 音楽  松村禎三 制作総務  渡辺江美
梅香  大西加代子 消防団員・村人  鈴木健介 照明  古川幸夫
小勇  島田桃子 乗客・宿の客  永森英二ほか 効果  深川定次
小文  小倉香織 よっちゃん  公演地で子役 衣装  渡辺園子


STORY


不実な人。人の心をまどわせたりして。でも、私たち、これでやっと死ねるわ。
その根深い強さ、―そのゆえに崩壊していく女の悲痛な叫び。


 無為徒食の文筆業を自認する妻子ある島村(篠田三郎)は、ある年の新緑の頃、山歩きの疲れを癒すため、上越のある温泉町の宿にたどりついた。

 そこでふと出会ったのが、駒子(床嶋佳子)という美しい娘であった。

 時折寂しげな横顔は見せるものの、それこそ足の裏までも清潔といった闊達な魅力に溢れていた。

 雪深い故郷での貧困な生い立ち、“東京に売られたこともある2と、まるで他人事のように過去を語る彼女に、島村はこれまで見たことのない魅力を覚える。

 そしてその夜、2人は偶然のように、いや、当然のように結ばれた。

行男と葉子
雪国舞台写真


 それから半年後の年の瀬、島村は再びその宿を訪れる。

 “国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。”−そんな季節だった。

 駒子は見違えるような見事な芸者になっていた。病気がちな三味線の師匠の養女としてこの町に住み、師匠の息子で肺を病む行男(中村彰男)を許婚とする彼女のつらい日常も次第に分ってくる。

 そして、同じ養女で、駒子に代わって献身的に行男を看病する妹分の葉子(佐古真弓)の存在も大きく浮かびあがってくるのだった。―



釧路新聞掲載 「わたしも舞台女優」 2003/2/14

●2月12日(水)
子役「りなちゃん」と事務所で初対面

『雪国』の子役よっちゃんが決定してからちょうど2週間。
今日は、出演場面の台本、ビデオ等を渡すこと、そして『釧路新聞』掲載用の写真撮りをしました。

りなちゃんは、ちょっと照れ気味で、はにかんで笑っていました。

ママはというと、「プロの役者さんと一緒の舞台に立てるなんて凄いことだし、とても楽しみです。涙もろいので、きっとりなが舞台に出た途端泣いちゃうと思います。」と話していました。
●2月14日(金)
「りなちゃん」釧路新聞にでっかく登場♪

釧路新聞に「わたしも舞台女優」という見出しで掲載されました!

インタビューの中で、「大きなステージは初めてだけど、緊張はしていない。楽しみ♪」と、既に大物ぶりを発揮。
また、将来の夢は?との質問に「女優もそのひとつ」と意欲も見せていました。

●りなちゃん&ママはソックリ♪

●2人で台本を読みます。まだ実感が湧かないよね。


子役 よっちゃん 決定

 「雪国」では、松浪志穂さん演じるマッサージ師お琴の孫娘役「よっちゃん」を、各公演地で選びます。

みたい会では、「地元の方にも演劇づくりの一端を感じてもらい、舞台を身近に感じてもらうチャンス」として、新聞紙上で募集したところ、多数の申込みをいただき、厳選なる書類選考の結果、写真の“りな”さんに決定しました。
りなちゃん
かわいらしい
小学3年生の女の子です(^o^)
釧路新聞 2003/1/14掲載 北海道新聞
2003/1/18



▲HOME