2008年11月21日 角野卓造さん インタビュー★聞き手 A-10 助川さん
『わたる世間は鬼ばかり』の幸楽の調理場の4人は2ヶ月に1度集まって“幸楽メンズクラブ”というのを作っています。ある時は麻雀。ある時は、岸田 智史さんがコンサートしていたら見に行くとか、その後に4人で飲んだりしますね。その時は思いを全部出し合うよ。
釧路では、一日目に行った日本百名居酒屋に入っている“白樺”まず豆腐の上に牡蠣がのって「これを食べて体を暖めて」と出されたんです。
外は寒いんですけど生ビールが凄く美味しいんだ。
。あと醤油で煮たタチ、それとししゃもも旨かったな。

今日は“まるひら”のラーメン屋さんに行ってきましたよ、混んでいて30分ならんで食べて来たよ。あそこの3人のおばさん達は、テキパキとしていて親切で気持ちのいい人達ですね
映画でもテレビでも商業演劇みたいな物は、はっきり色合いが出来ている。特に商業演劇の主役は看板の人で、脇役は大部屋で差別ではないけど区別されていて、待遇も楽屋も扱いもまったく違うね。

でも僕が始めた芝居は違っていましたからね。偉大なカリスマ的な座長の杉村 春子や先輩が居た。


●この人だったら信頼できて、同じ方向を向いて進めるというカンパニーがいいね。人間関係が上手くいかなくなったら、芝居は絶対上手くいかないんだよ。

そういうの舞台に出てくるんだよ、テレビ番組でもそうなんだよ。だからそのカンパニーを作る時は重要なんです


―  今、舞台やテレビなどで、ご活躍されていますが角野さんとしては何が一番好きですか?

角野 舞台は生ですから、お客様と同じ時間を共有して一体になれるでしょ。だけどテレビの場合は、もっと大勢のお客様に見て頂いて楽しんでもらえる、それぞれの良さが有りますからね。

これが好きだというわけではなくて好きな作品と、あまり好きではない作品が有るんです

―  では今まで出演されて心に残った作品を、一つあげるとすると

角野 絞れないけど、いっぱいありますよ。文学座に入って初めての初演つか こうへいさんの『熱海殺人事件』です。またアトリエ公演で別役 実さんのは15年間毎年1本やらせて貰っていました。

世間的評価の高い『西むく空』というのもあったし、あと『花咲くチェーリー』は思い出深く僕にとって財産のような作品でしたね。

それから最近でいえば『缶詰』『踏台』今回の『ゆれる車の音』かな。この3つは僕が企画を出して実現しましたから。

東京だけではなくて東北、北海道を中心に、各ブロックの方に選んで頂いていますから。僕が直接、作家の方とコンタクトをとって書いて貰った事は凄く意味が深いです。

そして40代くらいからの外での芝居、三谷 幸喜の3本が印象に残っています。
『君となら』それから『アパッチ砦の攻防』『エキストラ』(北海道はたかお鷹、僕は東北)あと、加藤 健一事務所での『パパアイラブユー』

苦労したといえば井上 ひさしさんの夢シリーズ『夢の裂け目』『夢の涙』『夢のかさぶた』台本の上がりが遅くて最短初日の3日前でしたからね。
また2010年に3部作連続上演で再演されます。あとこれは鑑賞会ではないんですが『円生と志ん生』
北海道は伊達、紋別、網走を去年回りました。

   こうして頭の中で考えて上げていくと、きりがないね


―  生まれ変わっても役者ですか?

角野 それはわからないなな(笑)

―  もし役者になっていなかったら?

角野 ラーメン屋をやっていたかもしれないし、本当に役者になったのは偶然の積み重ねですから。

自分がやりたくてもやれない、出来なかったかもしれないと思うようなポイントが各所にあって、振り返ってみると、あそことあそこに分岐点が有ったなと思います。

僕は何が何でも役者をやろうとは思っていなくて、この仕事はネガティブにとらえています。石にかじりついても役者をやろうとは思っていなかったんです。

劇団でやっている養成所を受けてみて合格するんなら適性検査を受けてみて、もし受からないんなら向いていない、一生懸命やっても成功しないだろうと思っていましたからね。

だから有りがたい事に文学座に入れて貰って、そこから先は自分の努力と運の要素は凄く大きいと思います。

だから最初から人が決める職業だと思っていました。もし入らなかったら芝居は自分の楽しみにしていましたね。

僕は中学3年から高校3年まで演劇部そして大学3年間、4年生の時に文学座を受けて入っていましたから。

考えると学生演劇が一番楽しかった。その時はお金がからまない、お金がからまないという事は綺麗でしょ。

とにかく大勢の人間が集まって一つの物を創る喜びっていうのは、楽しさ達成感は学生演劇の頃が一番純粋に有った。

よく「良いですね、好きな事をやっていて」と言われるんですが、1円でもお金を貰う事は好きな事ではなく仕事です。

そこには頂いた物を返して、きちんとした物を創る責任が発生してくるんです。

あんまりこの芝居好きではないから出来ないといいわけにはならない。例えば500円貰ったら500円ではなく、1000円の仕事をしなくちゃ駄目ということです。

そうするとまた仕事を貰える。そういう意識は文学座に入った時から有りましたね。

この仕事で生活をしたかったから。あくまでも自分が生きていくための仕事として俳優というのを捉えましたからね。

それがネガティブだという事に繋がっていますからね。


―  それではこの役は絶対やってみたかったと思った役はありますか?

角野 無いね(笑)、観ていて「あぁ良い芝居だなぁ、良い役だなぁ」と思ってやれるもんじゃないから。逆に自分がやって他の人にはできないという自負もあるしね

―  私は角野さんを拝見するのはテレビの方が多く、とても存在感を感じます。主役も大事ですが周りで脇を固めている役者さん達も自分は主役をやりたいという思いがあると思うんですが

角野 僕達の舞台って主役脇役って無いんですよ。全部の歯車が動きだしたら一つの大きい事が出来るんです。

一人が中心になって動き出して他の人が動かされている事は無いんです。キャスティングだけではなくスタッフから全ての人も含めて、チームが一つの事をしないと出来ないんです。

舞台も主役脇役って分けられるかもしれないけど、僕は好きではない。10人出ていたら10人均等に全体を背負う物があると思います。

―  一人でも欠けてはいけないと

角野 勿論、映画でもテレビでも商業演劇みたいな物は、はっきり色合いが出来ている、特に商業演劇の主役は看板の人で、脇役は大部屋で差別ではないけど区別されていて、待遇も楽屋も扱いもまったく違うね。

でも僕が始めた芝居は違っていましたからね。偉大なカリスマ的な座長の杉村 春子や先輩が居て、しっかり上下関係がありましたからね。

でも物を創るって「せーの、よーいドン」と創らないと。それに内の劇団は若いからそこまでしかやっちゃ駄目ではなくて「やれるところまでドンドンやれ」って、役者が役者に叱咤激励しあう劇団だと思っているからね。


―  私は運動部だったんですが姉が演劇部で、比べて見ていると全然違いましたね

角野 でも運動部も一緒だと思うよ、僕も中学の頃バスケットをやっていたからね、試合の時一人だけが頑張るんではなく、チームで頑張らないと駄目でしょう

―  役者だけの事ではなく、どんな仕事でもあてはまるんですね

角野 そうだね、同じ給料を貰っているんなら何処まで怠けられるかと、なってくると社会が駄目になるでしょう。だからある時期の社会国家がそうだったよね。

ソビエト連邦が崩壊していくっていうのは、そういう事があるからですよね。だから人間は働いたら働いただけ報われないと、やりがいがないと思うじゃないですか


―  話は変わりますが、舞台であがる事はありますか?

角野 何時もあがりますね。でも初日の前に舞台稽古をしている時、普通のお客さんのように養成所の子達が観にきてますね。特に初日は独特の物があるからね

―  緊張して失敗してしまった事はありますか?

角野 それはあまり無いんですか、頑張りすぎて何をやっているかわからなくなった事は有りますね。年のせいかな、急性脳貧血みたいに。

若い時と違ってあがるってことはなくて、何かありそうだけどあっても意外に乗り越えられるんです。稽古を1ヶ月くらいやっているでしょ、だから無意識に出てくるね。短い稽古だったら体に台詞が染みついていないからあがった時に訳がわからなくなる。

稽古を重ねていたら体か自然に動くという事があります。若い時はもっとあがるし、でも克服する訓練をしているから、この年になると、若い時のようなあがり方はしないですね。

でも全くあがらないわけではなく、ちょっとしたドキドキ感はあります。若い頃はあがったし、良く見せたいっていうのもあるからね。

この年になると自分を良く旨く見せたいというんじゃんくて、出りゃあ何とかなると思っているからね。何かあったとしても、どぎまぎしないでごまかしも上手くなって対処もできる


―  私が高校3年生、文化祭でクラス事の出し物をした時、演劇をする事になり主役をさせられたんです。普段から部活が忙しくて行事に参加していなかったから罰としてやりなさいと

角野 へぇ〜主役を、観た人の評価はどうだったんですか(笑)

―  凄く緊張しまして、夢中であまり覚えていないんです。みんな騒いでいて声が聞こえなかったと言われました。ただ緊張していたんですけど、自分に酔っている自分がいたんです

角野 あぁ それがあると3日やったら止められなくなる、ある種の恍惚感と不安があるね(笑)


―  忘れていたんですが、思い出しました。あと角野さんにとって好きな女優さんっていらっしゃいますか

角野 その時その時で共演している方で良いなあと思う事はあっても、ずうっとアイドルのように思い続けている人はいないな

―  それでは、一緒に共演をしたい女優さんは

角野 今は特にいませんね、また次の企画を考える時に考えますけど。今は今一緒にやっているメンバーが最高だと思っている。僕たちは3年先くらいのスパンで考えていかなきゃならないんで、次の話は2010年の事を考えて話していくんです。

まずは劇場を押さえて、次に誰とやるかです。僕としては、いくら面白い芝居があっても、人間的に嫌な人は駄目だから。やっぱりカンパニーはメンバーで決まるからね

―  一緒に活動していく仲間として

角野 そうです。この人だったら信頼できて、同じ方向を向いて進めるという事なのかな。人間関係が上手くいかなくなったら、芝居は絶対上手くいかないんだよ。そういうの舞台に出てくるんだよ、テレビ番組でもそうなんだよ。だからそのカンパニーを作る時は重要なんです。


―  それじゃ『渡る世間は鬼ばかり』もそうなんですか

角野 そこは自分達では決められない(笑)。例えば幸楽の調理場の4人は2ヶ月に1度集まって“幸楽メンズクラブ”というのを作っています。ある時は麻雀、岸田 智史がコンサートしていたら見に行くとか、その後に4人で飲んだりしますね。


―  お酒は強いんですか?

角野 僕はそんなに強くないです、そんなに飲まないけど検査の前の日も飲むねね(笑)

―  検査結果、悪くなるんじゃないですか

角野 いやいや、夜の8時以降に飲まなければ良いんです(笑)

―  健康については

角野 そうですね、旅に出ていてもきちんと、ベットで快眠が重要になります。時々ベットが柔らかいと腰にくるんだよね。釧路では大丈夫でしたが、ある所であまり柔らかいもんだから、段ボールをもらって、クッションとクッションの間に入れた事もありました。あとやっぱり美味しい物を食べて美味しいお酒を飲んで、自分の一日の疲れを癒すんです。それが旅の楽しみ


―  釧路で食べたもので美味しかったものは?

角野 一日目に行った日本百名居酒屋に入っている“白樺”まず豆腐の上に牡蠣がのって「これを食べて体を暖めて」と出されたんです。

外は寒いんですけど生ビールが凄く美味しいんだ

。あと醤油で煮たタチ、それとししゃもも旨かったな。

今日は“まるひら”のラーメン屋さんに行ってきましたよ、混んでいて30分ならんで食べて来たよ。あそこの3人のおばさん達は、テキパキとしていて親切で気持ちのいい人達ですね。

初めて20代で釧路に来た時は“銀水”に行きましたよ。ラーメン屋をやっているから各地のラーメン屋が気になって(笑)。


―  ご自分では家で作るんですか?

角野 材料を買ってきて一からは作らないです。人に作ってもらうから美味しいんですよ、きっと(笑)

―  作る人の心が入るから美味しいんですね、私も家族に気持ちを込めて作ります(笑)

   


▲HOME